ベトナム語の発音記号に関する考察

のべ1,474がこの記事を参考にしています!

この記事では、ベトナム語の発音記号について、説明していきます。

ベトナム語の発音

ベトナム語の声調は6段階あり、単母音は12種類あるといわれています。日本語のようにただ平坦に読むだけでは、聞き手に意味が通じません。筆者も過去に「泥棒! 盗まれた!」とベトナム滞在中に叫んだことがありますが、警察はおろか一般のベトナム人誰もが、「わからないよ」と手を振るばかりでした。

地球の歩き方に載っていた通りに、叫んだつもりですが、残念ながら、地球の歩き方にはベトナム語における発音記号の大切さは書かれていませんでした。

「ăn trộm, ăn cướp」を平坦に発音するだけではわからないようです。

それに対して、タイ語は「チェーンクワーム」とフラットに言うだけでタイ人は大体分かります。ちなみに、捕まるという意 味です。

タイ語にも、もちろん発音やアクセントがあり、とても重要でが、多少アクセントが違っていてもわかってくれます。

日本人のベトナム語の発音は、英語のLとRのようにわかってもらいずらいようです。

他には、Người Nhật、日本人です、は通じます。Người đã lập gia đình、既婚者です、は通じません。恐らくベトナム語、書く方が楽なようです。タイ語は書く方が大変です。

声調とは

ベトナム語の声調は6種類あり、高低が無し、下がる、軽い波、重い波、上がる、重み(声門の閉鎖)、があります。

要するに、イントネーションのようです。

日本語で、「あめ」というと、雨と飴の2通りのイントネーションがあります。

これに対して、ベトナム語は6通りあります。例えば、「マー」というと、お母さん、馬、墓、幽霊などの6通りの発音があります。発音によって言葉ので意味が違ってきます。

また、ベトナム語の声調の順番は地域によって違うので、中国語のように一声とか番号で呼ぶことは出来ません。

よくある並び方は、「aàáảãạ」ですが、時々異なります。

声調符号などの、区別する記号も多く、混乱しがちなので、母音アルファベットの全パターン一覧表を見ながら覚えると良いでしょう。

ベトナム語の発音記号

ベトナム語の母音と、子音の発音記号を次に示します。

ベトナム語の母音

実際は、単語や声調によって、母音の発音は変化します。基本は、タイ語の母音と、ほとんど同じです。

単母音は、次の通りです。
ベトナム語の発音記号と英語の発音記号を使って説明します。

長いア[a:]はa、短いア[a]はă、曖昧なウ[ə]はâ、イはi、iと同じイはy、突き出すウ[u]はu、ウィ[ɯ]はư、大きく開くエ[ε]はe、イに近いエ[e]はê、大きく開くオ[ɔ]はo、突き出すオ[o]はô、長い曖昧なウ、アとオの中間のような[ə:]はơ、の12種類となります。

他に、半母音と介母音と二重母音と三重母音があります。

ベトナム語の子音・頭子音

ベトナムの音節は、「頭子音+母音+末子音+音節」の4つの要素で構成されています。ちなみに、ベトナム語のアルファベットは、全部で29文字です。

頭子音は、単語の先頭に来る音です。ここでは、ベトナム語の発音記号を使用して、簡単に説明していきます。

pは、無気音、息を出さずにパピプペポと、発音します。

bは、バビブベボです。日本語のバビブベボで、通じることも多いようです。

phは、有気音で、上端で下唇を軽く噛んで発音します。英語のFと同じです。

vは、上歯で下唇を噛んで、ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォと発音します。

mは、マミムメモと発音します。

tは、無気音で息を極力出さないようにして、タチツテトと発音します

thは、有気音で、息を思いっ切り出して、タチツテトと発音します。

sは、サシスセソのサ行と最初は覚えましょう。慣れてくると少し巻き舌にすると良いでしょう。

xは、サシスセソのサ行の発音と同じです。舌は巻きません。

dは、ディーではなく、イァー、イィー、イゥー、イゥー、イォーのようにイの少し強いヤ行音になります。

giは、dと同じ発音となります。

rは、少し舌を巻いて、ラリルレロの発音をします。

lは、英語のLと一緒でラリルレロのラ行の発音をします。

đは、英語のディー、Dと似た発音で、ダ、ディ、デュ、デ、ドとなります。

nは、ナニヌネノとな行の発音になります。

chは、チャ、チ、チュ、チェ、チョとなります。

trは、最初はchと同じと覚えます。慣れてきたら、少し舌を巻いてみましょう。

nhは、ニャ、ニ、ニュ、ニェ、ニョと発音します。

cは、無気音でカキクケコの発音をします。

kは、cと同じでカキクケコです。後ろの音が、i、ê、eの時はkと表記されます。

quでは、qは必ずuと一緒に表記されます。南部ではウァー、ウィー、ウゥー、ウェー、ウォーというように発音します。北部では、クァー、クィー、クゥー、クェー、クォーという発音になります。

khは、カキクケコを息を思いっ切り出して発音する有気音です。

gは、無気音で、ガギグゲゴと発音します。ghも同じ発音で、後ろの音が、i、ê、eの時はghと表記されます。

ngは、ンガーと発音します。最初にンがきて後にガーです。nghも同じ発音で、後ろの音が、i、ê、eの時はnghと表記されます。

hは、ハヒフヘホを少し鼻に息を通しながら発音します。

頭子音は以上です。

ベトナム語の末子音

単語の一番最後にくる音です。ここでも、ベトナム語の発音記号を使用して、簡単に説明していきます。

-mは厶という発音をする感じです。アンマンのアンのンの音です。

-pはプと発音する感じで、コップのプを発音する前の音です。

-nは、ヌという発音をする感じで、アンナイのンの音です。

-tは、ツと発音する要領で、カットのトを言わない感じです。

-ngの音は、この音の前がo、ô、u以外であれば、ングと発音します。アンナイのンの音です。

この音の前がo、ô、uであれば、ング厶と発音します。-mの発音で口を閉じます。

-cは、この音の前がo、ô、u以外であれば、クと発音します。バックのクを言わない感じです。

この音の前がo、ô、uであれば、クプと発音し、口を閉じます。-mの発音に似ています。

-nhはニと発音します。カイニイクのニの音です。

-chはキと発音します。サッキのキを発音しない感じです。

以上が末子音です。

まとめ

以上が、ベトナム語の発音記号を使用した、簡単なベトナム語の解説でした。

もちろん、これだけで話せるようにはならないので、然るべきベトナム語の先生に、教わることをおすすめします。

ネイティブスピーカーとのプラクティスも大事です。日本語とベトナム語は話すのも書くのも、近くはないので、修得するのも、なかなか大変でしょう。

発音は、喉の奥や歯と唇の間を広く使うようです。日本語ではあまり使わないので、難しいと思われます。

ベトナム語は、表音表記なので、スペル通りに読めばいいのですが、発音が合っているかどうかは、別問題です。

実際には、文字の表記以上に、発音には細かい違いがあります。

ベトナム企業や店舗などをご案内いたします。

ベトナムでビジネス展開を考えている方は年々増えてきています。

企業からの駐在も多いのですが、飲食業やIT業も含めどんどん出てきています。

私自身も2018年の8月に初めてベトナムを訪問し、ホーチミンの熱量にやられてしまった一人です。(もちろんいい意味で。)

このたび、ベトナムの方々とのふれあいなどを一年間してきた中で培った人脈などをとおして、今後ベトナムに進出を考えている方のサポートをすることとなりました。

まずは、何をしたいか?どのようなものを見てみたいか?

そういったことをお伝え下さい。

その上で最適なご提案をさせていただきます。

ご興味のある方はぜひ、こちらよりお問い合わせください。

ベトナム語が短期でみるみる上達!?
会話力を身に付けたい方へ