【気軽なものから翻訳ポイントまで!】ベトナム語の翻訳手段を紹介

のべ579がこの記事を参考にしています!

ベトナム語の翻訳というと、英語の翻訳以上に敷居が高く困難なものと感じる方が多いのではないでしょうか。
しかし、実際は様々な手段によってベトナム語の翻訳がとても気軽で敷居の低いものとなりつつあります。
今回は、このベトナム語の翻訳というテーマで、今からでもできる気軽な翻訳手段の紹介や実際の翻訳のポイントに至るまで様々な翻訳の話題を紹介します。
これを読めばきっとベトナム語の翻訳が身近なものに感じられるはずです。

ベトナム語の翻訳手段は?

ベトナム語の翻訳というと、反射的に翻訳できる人を探す、翻訳会社を手配するという発想に至る方が少なくありません。実際に正確なベトナム語を翻訳し、スムーズなベトナム語の日本語訳を得ようと思ったら、確かに通訳者の起用を連想するのはベストな選択といえるでしょう。

しかし、ここではそういった手段以外にも様々なベトナム語の翻訳手段があるということについて触れていきます。

通訳以外にも翻訳の手段はある

英語、中国語、あるいは韓国語やフランス語などの外国語をイメージした場合、挨拶くらいの軽い会話なら自分で挑戦してみようという気になります。
しかしベトナム語という言葉が出てきた時点でお手上げ、翻訳はできないという発想になるケースも多くあります。
そんなベトナム語ですが、話せる方を探すのは意外と大変なことも多く、日本語とベトナム語のいずれかの翻訳が今一つということも少なくないのです。
それでも、近年経済成長の著しいベトナム語の存在感は年々高まっており、通訳以外の手段も検討しなければ供給が間に合いません。
このような状況ですが、実は通訳以外にも翻訳の手段は多くあるのです。

代表的なものはアプリ・翻訳機

ベトナムの通訳者の手配や翻訳を行ってもいる翻訳会社はメリットが多いものの費用がかかったり、手配に通訳者のスケジュールなどを考慮する必要があるなどデメリットも少なくありません。

そんな時に検討したいのがアプリや翻訳機です。
アプリは、日本語とベトナム語の両方に対応したものが登場しているだけでなく、最近はスマートフォンのマイク機能を使って音声の入力による翻訳も可能になりました。
簡易的ではありますが、翻訳機のような機能を持たせることもできるアプリも登場しているのです。
また、翻訳機は翻訳に特化した端末のことで、もともと英語と日本語の翻訳機能を持った翻訳機が主流でしたが、多言語化に対応した翻訳機やベトナム語に特化した翻訳機も登場しています。

技術の進歩によってベトナム語の翻訳もこれらの手段によって簡易的ではあるものの、従来よりはるかに翻訳が容易になってきているのです。

ベトナム語翻訳アプリの最新事情

ベトナム語には翻訳のアプリが登場し、現在も数多くのアプリがリリースされています。
このベトナム語のアプリとはどんなものなのか、ここではベトナム語のアプリについて紹介していきます。

ベトナム語の翻訳はアプリが気軽で便利

ベトナム語の翻訳はアプリは気軽で便利です。
その特徴は、スマートフォンで持ち運びできる、音声にも対応している、無料のものも多い、決まったフレーズがすぐに見つけられる4点です。

スマートフォンにインストールしたり、ウェブでアクセスして使ったり等、手元に置いて気軽にベトナム語翻訳に利用できます。
これによって旅行先でも、日常会話でも、あるいは職場でもシチュエーションを選ばずにベトナム語の翻訳が可能です。
また、ベトナム語の文書もカメラで撮影して文字認識したうえで翻訳する機能がついているものもあります。

音声にも対応しているので、相手にマイクを向けて音声認識で翻訳することもできます。
この機能によって会話の翻訳も容易に行え、こちらの意思もマイクに音声入力するだけでベトナム語の翻訳も気軽です。

無料で公開されているものも多いので、料金を気にすることなく利用できるのも魅力といえます。

最後に検索機能も優れているので、決まったフレーズもすぐに呼び出して翻訳することができるのも注目といえるでしょう。

メリットが多く使いやすいのがベトナム語翻訳アプリです。

具体的にはどんなアプリがある?

このように多くのメリットがあるものの、若干怪しい翻訳もあるのと無数のアプリがあるので適切なアプリを選ぶ必要があります。
そんな中、おすすめしたいアプリの4選を以下にご紹介しています。

ベトナムに行く前に絶対に知っておきたい!ベトナム語音声翻訳アプリ4選を徹底解説!

主にandroidに対応したスマホアプリですが、iPhoneでもリリースされているものも多いので参考にしてみてくださいね。

ベトナム語を翻訳機で翻訳する

ベトナム語を翻訳機で翻訳するという手段もあります。
翻訳機とは文字通りベトナム語翻訳に特化した機器であり、日本語で話しかけるとベトナム語に、逆の場合にも対応している便利な手段です。

機能が向上してきているベトナム語の翻訳機

翻訳機というと機能が不十分で、十分な翻訳が期待できないと考えている方も意外と少なくありません。
しかし、現在は機能が向上し、価格も低価格化が進んで利用しやすい手段になりつつあります。
もちろんベトナム語の翻訳機も例外ではありません。

どんなベトナム語の翻訳機がおすすめ?

ベトナム語の翻訳機は1~6万円程度と様々な機器がリリースされています。
基本的に機能が多ければ金額も高くなりますが、精度に関しては数万円のミドルクラスでも十分なものも多く、利用価値の高い機器です。
具体的におすすめしたいモデルは以下でご紹介しています。

ベトナム語の翻訳機おすすめ6選!自分に合った選び方も紹介

基本的に一方向翻訳か双方向翻訳か、オンラインやオフラインのいずれでも使えるか、サイズや重さといった判断基準を元に選ぶのがおすすめです。

ベトナム語の翻訳ポイントを押さえて自分で翻訳に挑戦!

アプリや翻訳機に頼るのも良いですが、やはり自分で翻訳に挑戦してみたいものです。
ここではそんなベトナム語の翻訳を自分で行うポイントについてお話ししていきましょう。

基本的なものであれば自分でも翻訳できる

基本的なベトナム語であれば自分でも翻訳できます。
ベトナム語の特徴として、中国語に似ている部分があること、文法がシンプルといった翻訳においてポジティブなもの、発音がとても難しいといったネガティブなものがあります。

ベトナム語は日本同様に中国語の影響を強く受けた言語です。
そのため、日本語が分かっていれば中国語も何となく意味が分かるというものがあるように、日本語が分かっていれば何となくベトナム語も分かるといったことがあります。
例えば、注意という言葉は、ベトナム語でチューイーという発音をするのです。
こういった「きっかけ」があるので、そこまで翻訳にシビアというわけではありません。

文法もシンプルです。
日本語や英語では時制や人称、単数・複数によって、単語の語形変化を伴います。
ベトナム語では単語そのものが変化しないという特徴があり、コツを掴めば文字の翻訳はしやすいのです。

このような特徴を持つ反面、発音がとても難しい特徴を持っています。
6つの「声調」(音の高低)があり、正確な発音をするのが難しい言語というのがその理由です。

例えば、「a」一つとっても、第1声「á」( 語尾が上がる)、第2声「à」( 語尾が下がる)、第3声「ã」(波線のように上がって下がる)といったものの他にも3つの発音があります。
第4声「ả」(クエスチョンマークのようにふんわり下がる)第5声 「ạ」( 語尾をつまらせる)、そして第6声「a」( 声調無し)です。
翻訳に当たっては、この発音を聞き分ける必要があります。

ビジネスで利用する場合は注意点も多い

ベトナム語は、日常会話や気軽な発音をする場合極端に難しいことはありません。
しかし、ビジネスとなると話は変わります。
この発音の種類によって、内容が変化してしまうので、微妙な発音の違いでビジネスの行き違いになることも珍しくありません。
具体的なポイントは以下にまとめているで確認してみましょう。

日本語のベトナム語翻訳の特徴は?ビジネスで利用する際の注意点とメリット

こういったシビアな翻訳はプロの翻訳者や通訳の方に依頼するのがおすすめです。

まとめ

ベトナム語の翻訳はアプリや翻訳機によって非常に気軽にできるようになりました。
実際に無料で利用できるアプリや数万円の利用できる翻訳機などを使えば日常会話では支障のないレベルまで翻訳性能が高まっています。
自分でベトナム語の翻訳をするのも意外と容易なこともある言語です。
しかし、ビジネスに至っては発音の難しさで行き違いがある場合も多いので、専門家の助けを借りるのがおすすめです。
こういった特徴を持つベトナム語の翻訳、ぜひご自身でもチャレンジしてみてくださいね。

ベトナム単語短期習得プログラム

脳科学に基づいたイラストやリズムをつかったビデオで、計2,000以上の単語を短期で無理なく覚えることのできるプログラムです。
定番の単語から、あったらいいな!というベトナム語単語特集までぞくぞく新しいビデオ制作中です。

まずは「野菜」と「よく使う形容詞」の2つを無料公開中ですので、ぜひ御覧ください。

ベトナム単語力強化ビデオ公開中
文法を少し覚えた後は単語の置き換えでぐんぐん伸びます!