ベトナム語の「かわいい」の言い方って?かわいい言葉遣いも紹介!

のべ121がこの記事を参考にしています!

日本語の「かわいい」(KAWAII)は海外でも通じるようになったメジャーな言葉です。

そして、かわいいという表現はベトナム語にももちろん存在しています。
さらに方言や使い分けなど、より高度な使い方もできる言葉でもあります。

そもそもベトナム語は発音がかわいい言葉が多いのも特徴です。日常会話にも使える言葉が多く、かわいい言葉に興味のある方にとってベトナム語を学ぶモチベーションになるかもしれません。

こちらの記事ではベトナム語の「かわいい」をテーマにかわいいという言い方やかわいい単語についてまとめました。

ベトナム語で「かわいい」って?

ベトナム語にも「かわいい」という言葉は存在します。
本来の「かわいい」という意味のほかに、さらに応用や方言などもあるのが特徴です。
ここでは、「かわいい」という言葉について、基本的な言い方の紹介のほかに、応用の使い方、方言についても解説していきます。

ベトナム語の「かわいい」の言い方

ベトナム語のかわいいは「dễ thương」(ゼートゥン)です。

この言葉が基本的にかわいいを意味する言葉になります。
発音としては「ゼートゥォン」と、トに小さなゥォを入れるような感じで言うことによってよりネイティブなものに聞こえます。

日本のかわいい同様にどんなものにも使えるので、かわいい子犬、かわいい女の子、かわいいドレスなど使い勝手のいい言葉です。

単独でも使えるので、かわいいものに指をさして「dễ thương」と言っても通じるでしょう。
また、ポジティブな表現一切にも利用できることから、建物や男性を指して素晴らしい的な表現としても用いられることがあります。

ベトナム語の「かわいい」にも方言が

かわいいは、「dễ thương」(ゼートゥン)とご紹介しましたが、これは北部のハノイで用いられる標準語的な発音であり、方言も存在します。

その発音は「ィエートゥォン」と呼ばれる南部のものです。
ベトナム語は北部にある首都ハノイが標準語になっているものの、ベトナム語の教室やテキストなどでは、時に南部ホーチミンの方言を学ぶ機会も少なくありません。

そう言った背景の他、旅行先でゼートゥォンが通じなくとも南部のィエートンが通じることも多くあります。
ベトナムは首都こそハノイですが、経済はホーチミンの方が活発な部分もみられる国です。

そのためベトナム語も南部の方言が影響が強く、通じやすいケースもあるのです。
もし、「ゼートゥン」が通じなければ「ィエートゥン」と発音してみてください。

ベトナム語の「かわいい」の応用

ベトナム語のかわいいの応用として意味を強く言いたい場合や、「~かわいい」と言いたい場合の言い回しも覚えておくと良いでしょう。

まず、強く言いたい場合、感情を入れたい場合、つまり「すごくかわいい」をベトナム語で言う場合、「dễ thương quá!」(ィエー トゥォン ゥアー ※南部 ホーチミンなど)、(ゼー トゥォン クァー ※北部標準語 ハノイなど)が用いられます。

かわいい(ゼートゥン、エートゥン)のあとにquá (ゥアー、クァー)を付ける形になります。

もし、すごくかわいいものがあった、あるいはいたら、語尾にquá (ゥアー、クァー)を付けて強調するようにしてみましょう(かわいいものを指さしてゼー トゥォン クァーと言ってみるなど)。

次に「~かわいい」という場合の言い方を紹介します。
例えば、赤ちゃんがかわいいと思ったとき、「赤ちゃんかわいい」と言いたい時は、「Em bé dễ thương
」(エムベー ゼー トゥン)を使います。

このように対象となるものや人をかわいいの前につけることで示すことができます。
もし、ベトナム語の単語が分かるようになったら冒頭にその単語を出して、ゼートゥォン、ィエートンと言うようにしましょう。

もちろん強調する言葉quáをそれらの後ろにつけて言うことも可能です。
余裕が出てきたらこういった応用もチャレンジしてみてください。

相手によってベトナム語の「かわいい」を言い分けよう

かわいいという言葉は相手によって、かわいいに近い別のニュアンスの言葉に使い分けることが円滑なベトナム語のコミュニケーションです。
ここでは、そんなケースとして子どもや女性に、ちょっと落ち着いた大人の女性に、そして男性に言う場合のケースについて紹介していきます。

子どもや女性に言う「かわいい」

気軽にかわいいね、そういった言い回しで使いたい言葉が「xinh」(シン)です。
かわいいというより、もっと軽い感じで使える言葉といえます。

例えば女の子に「かわいいじゃん」というニュアンスで言う場合「シン ガイ(girl、女の子の意味)」と声掛けします。
また、「dễ thương」(ゼエ トゥオン)は、しぐさがかわいい場合に女性や子どもに使う言葉として用いられます。
ただし、ゼートゥォン、ィエートンよりも軽い言葉なので、よほど親しい関係でなければむやみに使わない方が良いかもしれません。

ちょっと落ち着いた女性に言う「かわいい」

かわいいという言葉は、日本語でキレイな女性に対して使うことも少なくありません。
こういったシーンにゼートゥォン、ィエートンという言葉を使っても良いのですが、ベトナム語の場合は、「đẹp」(デップ)という言葉を使うのが有効です。

これは美しい、キレイというニュアンスの言い方で、女性に対してかわいいと言いたい場合に使いやすい言葉といえるでしょう。
ちなみに「dễ thương」(ゼートゥン)のようにquá(クアー)を使うことで強調させることも可能です。
「đẹp quá」(デップ クアー)と言えば「大変美しい」というニュアンスで、日本語で言えば「とてもかわいいですね」、と言った言葉に近い言い回しとなります。

男性に「かわいい」と言う場合は?

男性にも「đẹp」(デップ)を使います。
この場合は、女性のかわいいとは異なり、カッコいいというニュアンスでとらえられます。
あの男の子カッコいいねという場合は「 đẹp trai」(デップ チャイ)といい「trai(チャイ)」は男の子、boy的な意味の言葉です。
また、賢いねという言い回しも、ある意味かわいいというニュアンスに近いものがあります。
「thông minh」(トン ミン)が賢いねという意味であり、漢字で聡明という言葉のベトナム語の読み方になります。
賢いね、思わずそんな言葉が出そうになったら 「thông minh」(トン ミン)を使ってみましょう。

ベトナム語のかわいい言葉

ベトナム語にはかわいい発音の言葉も多く、日常会話で使いやすい言葉も少なくありません。
そんなベトナム語のかわいい言葉について挨拶や日常会話で使うものを集めてみました。

挨拶で使うかわいいベトナム語

どんな言語でも基本は挨拶です。ベトナム語はこの挨拶にもかわいい言い回しのものが多くあります。
ざっと紹介していくと以下のものです。

・Chào(チャオ):すべての挨拶(おはよう、こんにちは、こんばんは)※基本はxin Chào(シンチャオ)で利用
・Tạm biệt(タンビエッ):さようなら※丁寧語でXin Tạm biệt(シンタンビエッ)

挨拶がかわいいのは魅力的だと思いませんか。
「xin Chào」は頻繁に使います。
※イタリア語にもチャオがありますが、こちらの綴りは「ciao」です。

日常会話で使うかわいいベトナム語

ベトナム語をかわいく話したい、そんな方には日常会話でも意識して使ってほしいかわいい言葉がたくさんあります。

・Cảm ơn(カムオン):ありがとう
・Xin lỗi (シンローイ):ごめんなさい
・Không có gì(ホンコージ):どういたしまして
・Khỏe không?(コエコン):元気?
・Không sao(コン・サオ):気にしないで

カムオンは何かにつけて利用すると便利です。
これらを意識してかわいいベトナム語を使ってみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ベトナム語でも日本のかわいいに相当する言葉が複数あります。
更に方言も存在するので、場合によっては日本のかわいいよりも豊かな表現ができるかもしれません。
またベトナム語にもかわいい発音の言葉があり、今回いくつか紹介しました。
これらはいずれもポジティブな意味を持った言葉ばかりなので、旅行や日常会話でぜひ使ってみてくださいね。

ベトナム単語短期習得プログラム

脳科学に基づいたイラストやリズムをつかったビデオで、計2,000以上の単語を短期で無理なく覚えることのできるプログラムです。
定番の単語から、あったらいいな!というベトナム語単語特集までぞくぞく新しいビデオ制作中です。

まずは「野菜」と「よく使う形容詞」の2つを無料公開中ですので、ぜひ御覧ください。

ベトナム単語力強化ビデオ公開中
文法を少し覚えた後は単語の置き換えでぐんぐん伸びます!