ベトナム語の学習はよい辞書から。レベル別おすすめの辞書をご紹介!

のべ1,579がこの記事を参考にしています!

新しい言葉を学ぶのには、よい先生、よい教科書、そしてよい辞書が必要です。新しい言葉を勉強しようと考えた時に、まず購入するものは辞書ではないでしょうか?逆に言えば辞書が無ければ勉強を始めることが難しいですよね?

ところでそもそも辞書は何のために必要なのでしょうか。これからベトナム語を学ぶ人や既に中級以上のレベルの人に、辞書の必要性と、レベルに合わせて必要なオススメの辞書をご紹介していきます。

辞書の必要性について

新しい言語を習得するのであれば、まず最初に必要なことはその言葉の意味を学ぶ、つまり語彙を増やしていくことです。

語彙力が無ければどんなに素晴らしい発音をすることができても、言葉を発することができません。また何度リスニングをしても意味を理解することができません。

この語学学習に絶対に必要な語彙力を増やすために必要なバイブルが、その言語の辞書なのです。

参考までに日本人の英語学習者のレベル別の語彙数をみてみましょう。

日本人の英語学習者の語彙数

レベル 語彙数
中学卒業程度 約1,000語
高校卒業程度 約3,000語
TOEIC600点~ 約5,000語
TOEIC730点~

ビジネスで使える

8,000語~9,000語
TOEIC860点~

英語が話せる人と認識される

10,000語~
英語圏で英語が不自由なく使える 20,000語~

英語をビジネスで使えるために最低限必要なレベルが8,000~9,000語と言われています。ちなみに日本人の成人の日本語の語彙数は約50,000語。しかも中学卒業程度で既に日本語の語彙数は40,000~45,000語になっているそうです。

また参考までに、日本で受けられる唯一のベトナム語検定である「実用ベトナム語技能検定試験(ViLT)」の級ごとのレベルと必要な語彙数は下記となります。

「実用ベトナム語技能検定試験(ViLT)」の級ごとのレベルと語彙数

レベル 語彙数
準6級 簡単な文章のベトナム語を理解し、使用できる 約500語
6級 簡単な文章のベトナム語を理解し、使用できる 約1,000語
5級 簡単な物語や身近なことに関する文が理解できる 約2,000語
4級 日常生活に必要なベトナム語を理解し、使用できる 約3,500語
3級 職場や社会生活に必要なベトナム語を理解し、使用できる 約5,500語
2級 日常的な場面に加えより幅広い場面で職場や社会生活等に必要なやや高度なベトナム語を理解し使用できる 約7,500語
1級 職場や社会生活等の幅広い場面で、高度なベトナム語を理解し使用できる 約10,000語

これを見ているとベトナム語をほぼ不自由なく使えるために必要な語彙数は、日本語の5分の1以下、英語の半分以下という事が分かります。

また私たちは、中学卒業時には既に40,000語もの日本語を知っているという事になります。その4分の1以下の語彙数で、ベトナム語を操るには十分の語彙力ということになるなんて、驚きですよね?

自分にあった辞書の選び方

辞書にも何段階かレベルがあり、初級者~上級者別に収録語彙数が変わってきます。ベトナム語の辞書の選択肢は英語や他のメジャーな言語に比べれば圧倒的に少ないのですが、それでも辞書にレベルがあります。

上記のベトナム語検定のレベルを参考に、自分の現在の状態や目指すレベルによって購入する辞書を選びましょう。

レベル別のオススメの辞書

ベトナム語の習熟度レベルによってオススメの辞書を、具体的に紹介していきます。ちなみに日本で購入できるベトナム語の辞書の場合、初級と中級から上級の2レベルのみとなります。

この初級と中級から上級のレベルごとに、オススメの辞書を見ていきましょう。

ベトナム語初心者がまず準備したい辞書はコレ!

まずは越日辞書を選ぼう

ベトナム語を初めて習い始めるのであれば、第一冊目は越日辞典となるでしょう。これはどんな語学を学ぶ時でも同じです。

しかしベトナム語においては辞書の選択肢が多いわけではありません。具体的にどのような辞書がおすすめなのかをご紹介していきます。

ベトナム語学習者のテッパン辞書!五味版学習者用ベトナム語辞典

ベトナム語学習者のテッパン辞書と言われているのが、ベトナム語教育学者であり筑波大学の名誉教授でもある五味政信氏の、「五味版学習者用ベトナム語辞典」(武蔵野大学出版会)です。五味氏の名前は参考書などもあるので、おなじみかもしれません。

収録語彙数は約8,000語となるため初心者から中級者向けの辞典と言えますが、まずはこちらの一冊を持ってベトナム語を始めれば問題ないでしょう。

ベトナム語によくある漢字がルーツになっている「漢越語」に関しては、漢字での表記と意味も載っているため覚えやすくなっています。さらによく使われる重要な単語においては、言葉の意味や例文なども含めて丁寧に解説されています。

この本丸ごと一冊覚えてやっと、実用ベトナム語技能検定試験(ViLT)の2級レベルとなるわけですから、十分な語彙数かと思われます。

東京大学大学院がおすすめしている?!越日日越合本辞典

参考までに、東京大学大学院の総合文化研究科、教養学部がおすすめしているベトナム語辞書をご紹介します。

それは東京外国語大学の初代教授をつとめた、竹内与之助氏が主に編集された下記の辞書です。

  1. 越日小辞典
  2. 日越小辞典
  3. 越日日越合本辞典

(出版は全て大学書林)

しかし大変古い辞書であり改訂もされていないので語彙や意味合いなどで古さが目立つようです。

そしてやはり東大大学院でもおすすめしているのは、上記の「五味版学習者用ベトナム語辞典」となっています。

言語というものは生き物です。時代とともに言葉も言い回しも変わってきます。それはベトナム語だけでなく、日本語訳においても同じです。なるべく新しい辞書を選ぶことが現代の生きた言語を学ぶことには必要不可欠です。

日越・越日の電子辞書はある?

ベトナムに旅行や出張に行ったり、もしくはベトナム語教室に行くとしても重たい辞書をそのまま持ち歩くのは不便です。

もちろんネットで何でも調べられる時代ではありますが、辞書の次に思い浮かべるのは電子辞書という手段ではないでしょうか。コンパクトで持ち歩きやすく、ネットがつながらない環境でも使えます。

日越・越日の電子辞書はカシオのEX-wordで、タイ語とセットになったものが市販されています。タイ語、ベトナム語の他に英日、日英辞書や国語辞典、カタカナ語辞典なども収録されている便利な電子辞書です。

ベトナム語の収録語彙数は越日、日越あわせて18,000語、英語での表記もあり、音声も10,000語入っているという優れものです。

初心者の携帯用辞書としては十分な量なので、紙の辞書と合わせて持っていると大いに役に立つでしょう。紙の辞書と違って正しい発音も学べるところが重宝します。

 

ベトナム語学習者の中級以上へおすすめの辞書とは

ベトナム語の学習を続けていると、初級者が使っている辞書では調べられない言葉が出てくることがあります。

そうなるともはや中級以上のベトナム語に達してきたという事になります。中級以上のベトナム語学習者に相応しい辞書というのはあるのでしょうか?

中級以上のベトナム語学習者におすすめの辞書をご紹介していきます。

中級者以上なら持っておきたい!詳解ベトナム語辞典

ベトナム語の中級者以上におすすめな辞書は、ベトナム語学者である川本邦衛氏編の「詳解ベトナム語辞典」(大修館書店)です。見出し語55,500語、用例52,000を収録している史上最強のベトナム語辞書と言われています。

ベトナム語は世界で1億人ほどの学習者がいるとはいえ、ベトナム語はベトナムでのみ通じる言語であり、マイナーな言語であると言わざるをえません。

マイナーな辞書にありがちなのが、出版されて20年以上改訂されていないというようなこと。言葉は生き物なので、20年以上前の辞書だと用法が古かったり、使われていなかったり、時代遅れになっている言葉もたくさん出てきます。

この「詳解ベトナム語辞典」は2011年に出版された最新のベトナム語辞書です。今現在ベトナム語で使われている日常語のほぼ全てを網羅していると言われています。

収録語彙数が多く本も大きくて重たいので持ち歩きには不便ですが、本気でベトナム語を勉強するのであればメインの辞書として持っておくことをおすすめします。辞書にしては少々高額(30,000円ほど)というのも難点です。

しかしベトナム語の高い辞書を買ってしまえば、もう後戻りできません。ベトナム語の学習のモチベーションを上げる、という意味でもよいかもしれませんね!

中級以上なら越・越辞書にトライしてみよう

ベトナム語の中級以上の学習者であれば、ぜひ越・越辞書にトライしてみましょう。日本語とベトナム語は全く異なる言語です。また文化も異なります。ベトナム語を長く勉強していると、日本語には無い表現、無い感覚などにぶつかることがあります。

いくら忠実に訳そうとしても、異なる言語を全く同じ意味のままに表現することは難しいのです。勉強すればするほど越・越辞典の解説の方が分かりやすかったり、しっくりくるということが出てくるでしょう。

越・越辞書をすらすら使えるようになるのであれば、むしろ上記の「詳解ベトナム語辞典」も必要ありません。

実はおすすめ、越英・英越辞書

越・越辞書と同様におすすめなのは、実は越英・英越辞書です。これは日本で入手するのはなかなか困難かもしれませんが、ベトナム現地の本屋さんではわりと簡単に手に入ります。

ベトナム語と日本語は似ているところもありますが、基本的な文法は異なります。ベトナム語の文法の構造は、むしろ英語に近いものがあります。日本語からベトナム語よりも英語からベトナム語に訳す方が簡単な言葉もたくさん存在しています。

もしベトナムに行かれる機会があれば、越英・英越辞書もあくまで参考にするためのサブの辞書として入手してみてください。一冊にまとまったコンパクトなものが非常に手軽に購入することができます。

ベトナム語学習者全レベルにおすすめのオンライン辞書とは

今の時代ネットで何でも調べられます。英語であれば優れたオンライン辞書がネット上のどこでも見つかり、的確な意味をすぐに調べられます。

しかしベトナム語はまだまだそのレベルには達していません。ネットで使えるベトナム語のオンライン辞書をいくつかご紹介します。

ブックマーク必須!ベトナム総合情報サイト「VIETJO」のオンライン辞書

ベトナム語のオンライン辞書でおすすめは、日本語で読めるベトナムの総合情報サイト「VIETJO」のオンラインでの越日・日越辞書です。

こちらが優れているのは、ベトナム語特有の声調やアクセント記号が無くてもスペルさえあれば調べられるというところです。

ベトナム語は声調や発音記号によって、全く同じスペリングでも意味が変わってしまいます。さらに同じスペリングにもかかわらず、声調やアクセント記号によって無限大に単語の数が広がっていきます。

スペリングは分かるのに、声調やアクセント記号をうる覚え……というのがベトナム語でよくあるパターンです。そんな時にこのオンライン辞書を使ってみてください。スペルさえ合っていればOKです。そのスペリングを使うすべて単とその意味を表示してくれるので、その中から自分が調べたかった単語を選べばよいのです!

また、ベトナム在住している日本人が多く使用しているため、今まさに使われているライブのベトナム語がどんどんアップデイトされていきます。もちろん辞書としてパーフェクトではない部分もあるかもしれませんし、まだまだ載っていない言葉もたくさんあります。

しかしネットでパパっと、日本人が苦手な声調、アクセント記号を完璧に覚えていなくても調べられるという大変便利なツールです。これはブックマーク必須のサイトですね。

こちらもおすすめ!ベトナム現地旅行会社「スケッチトラベル」のオンライン辞書

こちらはベトナム現地で20年以上の歴史のある旅行会社スケッチトラベルベトナムが持っているサイトです。

実はVIETJOのオンライン辞書と連携しており、中身は一緒です。どちらのサイトをブックマークしても構いませんが、スマホでもパソコンでもいつでも使えるようにしておくととても便利です。

意外と使える?googleの翻訳機能の便利な使い方

google翻訳は不自然な、違和感のある翻訳というイメージがあるかもしれません。しかもその現象はその言語がマイナーであればあるほど発生頻度が上がります。

しかし近年ベトナム語人気の上昇からか、ベトナム語のgoogle翻訳もおかしな翻訳ではなくなってきており、いざという時にかなり使える翻訳です。

google翻訳を使う時のコツはこちらです。

  • 日本語⇔ベトナム語だと思ったように翻訳できない時は、英語⇔ベトナム語でやってみると案外うまくいくことがある
  • アルファベットだけでスペルを打っても、大体の文脈によっての予測変換機能で声調やアクセント記号まで整えてくれる

覚えるのが本当に大変な声調とアクセント記号を、自動で予測してくれるのはとてもありがたい機能です。ただし100パーセント完璧に予測されるわけではないので、慎重に確認してくださいね。

辞書を有効に活用する方法

ベトナム語は日本人にとってメジャーな外国語とはまだまだ言い難い言語です。そのためにベトナム語を学ぶツールが潤沢に整っているとは言えず、辞書もしかりです。今回ご紹介した辞書はそれぞれレベル別と形状別となりますが、1つだけ持っておけば大丈夫というパーフェクトなものは存在しません。

レベル別に紙の辞書が1冊と携帯用に電子辞書、あるいはオンライン辞書をいつでも使えるようにブックマークしておくことをおすすめします。

紙の辞書、電子辞書、オンラインの辞書はそれぞれ良いところがあり、お互いの不足部分を補うことができます。

様々なベトナム語辞書を複合的に使用して学習を進めましょう。

まとめ

新しい言語を学ぶ際に最初に購入するであろう辞書は、何を基準に選んでよいのか迷うところかと思います。例えば英語の辞書などであれば本屋さんに行っても似たような大きさ、似たような語彙数、価格の物がたくさんあり、どれを選んでよいのかさっぱり分からなくなってしまうこともあるでしょう。

ベトナム語は幸か不幸かそこまで選択肢はなく、紙の辞書であればレベル別にそれぞれほぼ一択と言っても過言ではありません。しかし選択肢が少なくても、それぞれが優秀な辞書として評判の高いものです。安心してこれらの辞書をベトナム語の勉強のバイブルとして使いこみましょう。

言葉は生きています。使っているうちに年代が古くなれば、そのうちその辞書も使い物にならなくなる時代もやってきます。ベトナム語の辞書の改訂や、新しい言葉を取り入れるためのオンライン辞書などもこまめにチェックしながら、現代の生きているベトナム語を学ぶように心がけてくださいね。

ベトナム企業や店舗などをご案内いたします。

ベトナムでビジネス展開を考えている方は年々増えてきています。

企業からの駐在も多いのですが、飲食業やIT業も含めどんどん出てきています。

私自身も2018年の8月に初めてベトナムを訪問し、ホーチミンの熱量にやられてしまった一人です。(もちろんいい意味で。)

このたび、ベトナムの方々とのふれあいなどを一年間してきた中で培った人脈などをとおして、今後ベトナムに進出を考えている方のサポートをすることとなりました。

まずは、何をしたいか?どのようなものを見てみたいか?

そういったことをお伝え下さい。

その上で最適なご提案をさせていただきます。

ご興味のある方はぜひ、こちらよりお問い合わせください。

ベトナム語が短期でみるみる上達!?
会話力を身に付けたい方へ