ベトナム語の学習でアプリを利用するメリットやアプリ最新事情を紹介!

のべ5,769がこの記事を参考にしています!

ベトナム語のアプリにはベトナム語が学習できるアプリがあります。

このベトナム語のアプリを利用すると得られるメリットも多く、ベトナム語学習が身近な存在になります。

今回は、ベトナム語学習のアプリに注目し、どのようなアプリがあるのか、メリットやデメリットは何かといった話題を中心にまとめます。

これを読めばきっとベトナム語の学習アプリを効率よく利用できるようになるでしょう。

ベトナム語の学習アプリ最新事情を紹介!

ベトナム語の学習アプリには、翻訳アプリやリスニングアプリ、問題解答アプリといった種類があります。

ここでは、具体的にどのようなアプリがあるのかを紹介し、まとめていきましょう。

そして最後にベトナム語アプリの最新事情について解説します。

翻訳アプリ

翻訳アプリとして、日本語ベトナム語辞書やGoogle翻訳があります。

これらは気になる単語などを入力すれば、対応する日本語を表示してくれるだけでなく、逆に日本語からベトナム語の表示もしてくれます。

もちろん文字化けすることなく、声調の「a、à、á、ả、ã、ạ」といった文字もきちんと表示し、音声でも案内してくれるので耳でも学習できます。

リスニングアプリ

nemoベトナム語は、リスニングアプリとしてよく目にするアプリです。

このアプリは単語の発音を聞き続ける学習が可能でリスニングのトレーニングを行えます。

問題解答などの機能はないものの、ベトナム語の発音を学習するのに気軽なアプリとして利用できます。

問題解答アプリ

ベトナム語の問題を解答していくアプリもあります。

Mondlyは発音問題やテキストの問題などバラエティに富んだ問題が数多く収録されています。

Lingo Playは単語やフレーズに関する問題が数多く収録されており、一問一答形式でサクサクと学習できるアプリです。

近年のベトナム語アプリの最新傾向

近年のベトナム語アプリの最新傾向として、分かりやすさを前面に押し出している傾向があります。

代表的なアプリとして、「わかりやすいベトナム語レッスン」、「指さし会話ベトナム touch&talk 【PV】 LITE」、「ベトナム語会話表現集 – ベトナムへの旅行を簡単に」の3つです。

これらについて触れていきましょう。

 

まず、わかりやすいベトナム語レッスンはベトナム語の学習をできる限り簡単に楽しくするためにデザインが特徴です。

親しみやすいインターフェースやミニゲームを絡めたベトナム語の学習ができます。

ゲームをしながら気軽にベトナム語の基本を学べるアプリで、声調や言い回しの難しい印象があるベトナム語を身近にしてくれるアプリといえるでしょう。

対象もベトナム語の単語が1つも知らない完全な初心者からの利用を想定しており、日本語の意味をきっかけにベトナム語の理解を増やしていきます。

また、レベルを設定すれば、ベトナム語の上級話者の方であっても十分に楽しめる内容になっており、ベトナム語をより平易に、分かりやすくしているのがこのレッスンの魅力です。

パズルやゲーム、チャレンジやクイズを駆使し学習プロセスを楽しめるようにしてある注目のアプリです。

 

指さし会話ベトナム touch&talk 【PV】 LITEは、決まった例文や現地の地名といった頻繁に使う言い回しを中心に分かりやすく収録したアプリです。

この場合どう言えば良いのかという点について、すぐに検索できるため、かゆいところに手が届き、しかも分かりやすく紹介しているのが特徴といえます。

読み上げ機能も付いているので、リスニングの訓練にもなりますし、分からなかった場合もとっさに代弁してくれるアプリとして利用できます。

ベトナム語の敷居を下げ、わかりやすいアプリに仕上がっているといえるでしょう。

 

ベトナム語会話表現集 – ベトナムへの旅行を簡単に、は例文をまとめたアプリです。

シンプルな構成ですが、分かりやすく収録しているので、一通りの簡単なベトナム語会話を学習するのも最適です。

旅行レベルのベトナム語を習得するのに、分かりやすいというメリットがあります。

 

このように堅苦しいベトナム語の学習というスタイルではなく、気軽に分かりやすいスタイルのアプリがリリースされているのが最新のトレンドといえるでしょう。

ベトナム語で学習アプリを利用するメリットとは

ベトナム語で学習アプリを利用するメリットは、時と場所を選ばずに学べる、ベトナム語が身近になる、分かりやすくまとめてあるといった点です。

これらの点について紹介していきます。

時と場所を選ばずにベトナム語を学べる

スマートフォンにインストールされているので、いつでもどこでもベトナム語を学習できます。

例えば、通勤や通学といった場面や、人との待ち合わせ、休み時間など本来ではベトナム語が学習しにくいタイミングでも気軽に学習の機会になります。

ベトナム語が身近になる

アプリにしておくと、ベトナム語が身近になります。

朝起きた時、夜寝る前といったタイミングであってもすぐにベトナム語に触れられるため、ベトナム語の距離が一気に近づく手段として大きなメリットがあります。

身近になるとベトナム語の学習もはかどりますから、重要な方法として挙げられるでしょう。

分かりやすくまとめられている

ベトナム語の学習アプリは、学習しやすいように分かりやすくまとめてあります。

場面ごとや関連する単語など様々なまとめ方や迅速な結果表示、操作のしやすさなど使い勝手も工夫されているのがメリットです。

アプリ以外の方法でも学習を

ベトナム語の学習アプリは気軽に利用でき、ベトナム語学習のきっかけになります。

しかし単独での利用は、デメリットも少なくないため、効率的な学習方法とは言えません。

そのため、他の手段であるテキストでの学習や実際の会話による学習を通じてベトナム語を学ぶのが重要です。

可能であれば、アプリ以外にもテキストやオンライン学習、実際のベトナム語の会話教室などを併用するのがベターです。

筆記を併用すればアプリのベトナム語の上達も早まる

アプリだけだと意外と覚えられないというデメリットに対して、やや手間がかかりますが、アプリ問題の解答や綴りの学習に筆記を併用するアイデアもあります。

例えば、翻訳アプリに出てきた単語を目で見るだけでなく、ノートに記載してみたり、発音などをメモしたりします。

また、例文などが学べるアプリでは、例文を写したり、まとめたりといった方法もおすすめです。

さらに問題解答系のアプリに関して言えば、問題をノートに解答し、アプリで答えを選択、解説をまとめるといった学習法も良いかもしれません。

このようにアプリの単独利用の場合もノートなど筆記を取り入れることでベトナム語の上達スピードのアップも期待できます。

まとめ

ベトナム語の学習アプリは意外と多くあります。

そのため、気軽に効率よくベトナム語を学べる印象を持った方も多いはずです。

しかし、アプリ単独では、学習効率がそこまで期待できない点や英語版のベトナム語アプリを日本語に移植しているアプリもあるため、厳密な表現を学べないデメリットもあります。

こういったデメリットを補う方法として、テキストでの学習やオンライン学習、ベトナム語の教室などで学ぶのも重要です。

また、アプリの内容をノートにまとめるなど筆記を取り入れるのも良いのではないでしょうか。

これらの対応をプラスすれば、アプリのメリットをより生かし、効率の良いベトナム語学習が期待できるはずです。

ベトナム単語短期習得プログラム

脳科学に基づいたイラストやリズムをつかったビデオで、計2,000以上の単語を短期で無理なく覚えることのできるプログラムです。
定番の単語から、あったらいいな!というベトナム語単語特集までぞくぞく新しいビデオ制作中です。

まずは「野菜」と「よく使う形容詞」の2つを無料公開中ですので、ぜひ御覧ください。

ベトナム単語力強化ビデオ公開中
文法を少し覚えた後は単語の置き換えでぐんぐん伸びます!