ベトナムのネット通販事情は?人気通販サイトの解説やユニークな商品の紹介!

のべ992がこの記事を参考にしています!

ベトナムは通販が盛んになっています。気軽に買える便利さはベトナムであっても変わりはなく、多くの地方で通販サイトによる買い物が行われているのが現状です。

そんなベトナムの通販サイトの事情や人気通販サイトの紹介、日本では、あまり見られないベトナムの通販サイトの特徴などを紹介しまとめました。この記事を読めば、ベトナムの人気通販サイトや日本にはないユニークなベトナムのネット通販事情を知ることができます。

ベトナムも通販サイトは事情

ベトナムは近年急速な経済発展と共に日本や中国、韓国などと同様に通販サイトが活況を呈しています。ベトナムの通販サイト事情は、外国資本の大手のLazadaやShopeeと自国の通販サイトのThế Giới Di Động(英語名はMobile World JSC)の3強です。

外国資本の大手通販サイトを自国の通販サイトが迎え撃つ構図は、アメリカのAmazonと日本の楽天との関係に似ています。LazadaやShopeeはベトナム以外にも東南アジア全域にわたって各国仕様の通販サイトを展開中です。

このような構図にはなっていますが、多くのベトナム人の方はこれらの通販サイト以外にも様々な通販サイトを利用しています。そのため、完全な寡占状態となっているわけではなく、魅力的な通販サイトがいくつもあるのです。

そんなベトナムのネット通販サイトについて、次の項目でまとめていきましょう。

人気の通販サイトの紹介

ベトナムには様々な通販サイトが存在します。その中でも人気のサイトをいくつか紹介していきましょう。
先ほど触れた3強、Lazada、Shopee、Thế Giới Di Độngに加えて、ベトナム国内でも高い評価のあるChopp.vn、Sendo.vnについてもまとめました。これら以外にもスピード重視のTiki(2時間以内の配達も)が人気ですが、今回はこの5つを中心に紹介します。

また、ベトナムでは大手企業グループが運営したアーダイゾイ(Adayroi)もかつてありましたが、撤退しており競争の激しい事情があることも知っておくと良いかも知れません。そのため、今は人気でも将来は意外なダークホースが躍り出る、そんな可能性を秘めた市場でもあります。

Lazada

東南アジア最大の通販サイト、それがLazadaです。シンガポールに拠点を置く同社は、アリババの海外部門として東南アジアに多数の通販サイトを設置しサービスを提供しています。

この企業自体は2011年に設立され、ベトナムにも2012年から利用が開始されました。東南アジアのAmazonと言う異名を持つように非常に多くの商品を低価格で販売しているのが特徴です。プロモーションも積極的でお得な買い物ができるのも注目の通販サイトと言えます。

ただし、返品や交換がシビアで、手続きが煩雑と言うのが注意点です。そんな弱点を持っているものの、利用のしやすさからベトナムを代表する通販サイトの一つに成長しました。ただし、食品は扱っていません。

MyTien

Lazada

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/09/lazada.wav

Shopee

ShopeeもLazada同様にシンガポールの通販サイトとして誕生し、ベトナムに進出してきている企業です。シンガポールの億万長者、フォレスト・リーが一代にして築き上げた企業グループ、Seaグループが運営しています。

シンガポールをはじめ、ベトナムやマレーシア、フィリピンやタイの他、台湾やブラジルでもサイトを運営しているのが特徴です。日用品からファッション用品、カメラ、パソコンなどの電化製品まで扱っているのが強みと言えます。

Lazadaに対して積極的に攻勢をかけ、東南アジアではLazadaと肩を並べる通販サイトです。
こちらも食品の扱いはありません。

Thế Giới Di Động

Thế Giới Di Độngは電化製品を扱う小売店が運営するサイトです。日本で言う所のヨドバシドットコムのような印象の通販サイトと言えます。

実店舗がベトナムに800店舗以上あるため、実店舗と連携も強力です。ただし、総合力では先ほど紹介した2社に比べて弱い点が挙げられます。家電や電子機器などは強いのですが、それ以外はほとんど取り扱いがないため割り切って利用する必要のあるサイトです。

MyTien

Thế Giới Di Động

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/09/tgdd.wav

Chopp.vn

こちらは大手ではありませんが、人気があります。その理由は、生鮮食品を扱うベトナムでは数少ないネット通販サイトだからです。飲食物のデリバリーも行っているため、出前サービスとネットスーパーが組み合わさったようなサービス構成と言えます。

現地の富裕層や外国企業の駐在員向けのサービスを行っているため、価格はやや高めと言う特徴です。それでも価格に見合う高品質な食品を数多くそろえ、たまに贅沢をしたい時に人気のサイトでもあります。

日本語には未対応ですが、英語にも対応したベトナムのサービスなので現地在住の外国人にも評判が高い通販サイトです。

MyTien

Shopee

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/09/shopee.wav

Sendo.vn

ベトナムのベトナムのハノイに本社を置く大手通信会社でIT企業のFPTグループが運営する通販サイトです。先ほど紹介したLazadaやShopeeのように幅広い品揃えで、特にアパレル分野に強み(海外ブランドが多い)を持っています。

価格面ではこの二社に負けているものの商品の豊富さなどでは負けていません。また、価格面でも強みを持っており、今後国内のローカル通販サイトとして海外からの通販サイトを脅かす可能性を秘めています。

MyTien

Sendo

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/09/sendo.wav

ユニークな取引や商品!意外なベトナムのネット通販事情

ベトナムは日本で見られないネット通販事情があります。その中でも特徴的な点を2点紹介していきましょう。それはスクーターが充実している、Facebookが通販の手段になっているという点です。

スクーターも通販で買える!

日本でもヤフオクなどを利用すればスクーターを購入できますが、総合の通販サイトでは取り扱っていないことがほとんどです。

一方ベトナムでは、先ほど紹介したサイトで検索をすることで、自転車感覚の結果でヤマハやホンダなどのスクーターが沢山出てきます。しかも新車での販売なので、お金があれば気軽に新品スクーターを通販で買えてしまうのです。

それだけ充実した品ぞろえであり、スクーターが普及したベトナムならではと言えるのではないでしょうか。

Facebookが通販手段として利用されている

厳密には通販サイトではありませんが、Facebookも通販手段として用いられています。家具やバイクなどの中古品を売買専門のFacebookのグループが存在し、そこで売買が行われているのです。

まるでヤフオクのようなプラットフォームと化しているのがベトナムのFacebookといえ、こういった光景は日本では見られません。

MyTien

Facebook

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/09/face.wav

まとめ

ベトナムはネット通販が盛んです。そのため多くの通販サイトが存在しますが、シンガポールからの通販サイトがやや強い印象でもあります。

そんなベトナムでは、スクーターなども通販で気軽に買えたり、Facebookで商品の売買が行われるなど、ユニークな特徴もあるのが事実です。ベトナムに住むことがあれば、こういった魅力的な通販サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

ベトナム単語短期習得プログラム

脳科学に基づいたイラストやリズムをつかったビデオで、計2,000以上の単語を短期で無理なく覚えることのできるプログラムです。
定番の単語から、あったらいいな!というベトナム語単語特集までぞくぞく新しいビデオ制作中です。

まずは「野菜」と「よく使う形容詞」の2つを無料公開中ですので、ぜひ御覧ください。

ベトナム単語力強化ビデオ公開中
文法を少し覚えた後は単語の置き換えでぐんぐん伸びます!