ベトナム語の翻訳機おすすめ6選!自分に合った選び方も紹介

のべ474がこの記事を参考にしています!

ベトナム語は日本人にとっては難しい言語。辞書や電子辞書などで訳しても良いですが、ベトナム語は発音が難しいので自分の言っていることがなかなか伝わらないこともあります。

そんなときに便利なのが翻訳機です。翻訳機は日本語で話しかけるとベトナム語に訳してくれるので、旅行や勉強、ビジネスシーンでも大活躍。

ではそんな翻訳機の選び方、おすすめ翻訳機を6つ紹介していきます。

翻訳機は自分に合ったものを選ぼう

翻訳機はいくつも種類があります。ハイスペックな機能があるものから、シンプルで使いやすいものまで様々です。使いやすいかどうかはその人の状況にもよりますから、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

機能が多ければ金額も高くなりますし、高いイコール良いものではありませんから、自分に合うかどうかが大事です。

使うシーンに合わせる

必要な機能は人によって違います。ここでは翻訳機によくある機能について紹介していくので、目的に合わせて必要かどうか考えていきましょう。

一方向翻訳か双方向翻訳かで選ぶ

一方向翻訳とは一方からのみ翻訳できるもの。つまり、日本語→ベトナム語の翻訳だけできるタイプです。シンプルで使いやすいですし、金額も安めなので旅行に使いたい、観光に使いたいという人におすすめです。

双方向翻訳は日本語→ベトナム語、ベトナム語→日本語のどちらでも訳せます。ビジネスや現地で生活するなど、しっかりベトナム語と触れ合う機会がある人におすすめ。

対応している言語の数で選ぶ

対応言語は翻訳機によって様々。ベトナム語を翻訳するだけなら多くの言語は必要ありませんが、他の言語でも使いたいのであれば対応数をチェックしておきましょう。

オフライン時、オンライン時によっても対応している言語が変わるので、合わせてチェックしておくようにしてください。

オンラインやオフラインで使えるかどうかで選ぶ

翻訳機にはオンライン時だけ使えるものもあれば、オフラインでしか使えないもの、また両方使い分けができるものもあります。

オンラインは翻訳機能が高いことが多く、長文も得意というメリットが。オフラインは長文の翻訳できないこともありますが、電波がない場所でも使えるというメリットが。学習に使いたいならオンライン、観光程度ならオフラインでも構いませんし、ビジネスなら両方の機能がついているものがおすすめです。

翻訳機能以外でも比較しよう

ベトナム語の翻訳をしたくて翻訳機を買うときは、翻訳機能以外でも比較しておきましょう。チェックしておくべき項目は以下の通りです。

値段で比較

翻訳機の値段はピンキリです。一般的に出回っているものの値段は15,000~35,000円ほど。中には3,000円程度で買えるものもありますし、100,000円以上する翻訳機もあります。

値段が高いほど対応言語数が多い、スペックが高いという特徴がありますから、迷ったときは金額とも相談して買うようにしましょう。

重さやサイズで比較

翻訳機はコンパクトなものが多く、100g程度の商品が多いです。サイズは手のひらに収まるサイズなどもあります。

自宅で使うのであれば問題ありませんが、旅行に持っていくときやビジネスで使うときはコンパクトなタイプがおすすめ。特にビジネスで使う場合はスーツのポケットに入るかどうかもチェックしておきましょう。

使える時間で比較

翻訳機は電化製品なので充電が必要です。自宅で使うだけなら気にしなくても良いですが、現地や旅行で使うときはいつ充電できるかも分かりません。

連続して使える時間は商品によって違いますが、とりあえず6時間ほどあれば安心です。連続使用時間は値段と比例しやすいので、こちらも比較しておきましょう。

ベトナム語翻訳におすすめの翻訳機6選

ではベトナム語翻訳におすすめの翻訳機を紹介していきます。10,000円台の商品、20,000~40,000円以内の商品と、2つに分けて書いていくので自分にあったものを選ぶようにしましょう。

安さも魅力!1万円台で買えるおすすめ翻訳機3選

続々と翻訳機が販売されているので、10,000円台でも実用性のあるものが多くあります。ではその中から使い勝手の良い、値段の割に性能の高い翻訳機を紹介していきます。

ここで紹介するのはどちらかというと旅行向き、学習向きの商品です。

フューチャーモデル ez:commu

販売価格は14,800円。
AIを搭載しているので、手ごろな価格で高い翻訳機能のあるものを探している人におすすめ。オンラインでしか使用できませんが、翻訳した内容を保存しておくこともでき、デザインもオシャレ。

対応言語は48、連続使用時間は8時間、翻訳速度も速く、グループ翻訳も可能です。

VORMOR ボルモルミニトークT2S

販売価格は10,360円。
お手頃価格な割に高性能な翻訳機。長文すぎると翻訳できませんが、1分程度の分であれば問題なく訳すことができます。

履歴を見ることもできますし、対応言語は186と翻訳機の中でも多め。オンラインのみでしか使えませんが、連続使用時間は8時間、発音が正しいかどうかの機能もついているので便利。

COMET ランジー

販売価格は15,499円。
オンライン、オフラインのどちらでも使うことができますが、ベトナム語はオフラインに対応していないのでオンライン時のみ使うことができます。

スピーカーが2つ搭載されているので音声を聞き取りやすいという特徴も。オンラン時の対応言語は52、オフラインの対応言語は12、連続使用時間は5時間。125gと同クラスの翻訳機と比べると若干重ためではありますが、単語の学習機能もついているので学習にもおすすめ。

機能を重視!2万円から4万円以内のおすすめ翻訳機3選

では高性能がウリの翻訳機を紹介していきます。翻訳精度が高いものが多いので、ビジネスでも活躍できるものばかりですよ。

イージートーク瞬間双方向翻訳機

販売価格は20,580円。
翻訳エンジンを4つ搭載しているので翻訳機能が高いです。翻訳した履歴が5,000件残るので後から見返すことも可能ですから学習にも役立ちます。

オンラインのみの使用、連続使用時間は8時間。対応言語は76、翻訳能力が高いわりにリーズナブルな商品です。

ソースネクスト ポケトークW

販売価格は25058円。
言語によって翻訳エンジンを切り替えるので翻訳度が高いです。スピーカーが大音量、音声聞き取り機能が高いので人込みの中で使いたい人にも便利。

74言語に対応、連続使用時間は6時間。保証サービスなども充実しています。

テスプロ株式会社 Mayumi3

販売価格は36,058円。
値段は高めですが、AIを搭載しているので使用していけば翻訳精度が高くなるという特徴があります。

サイズはコンパクトですがディスプレイの画面が大きいので見やすいですし、カメラ翻訳や録音翻訳、グループ翻訳も可能。対応言語は45、連続使用時間は7~8時間の高スペックな翻訳機です。

まとめ

ベトナム語は発音、聞き取りが難しい言語です。なかなかベトナム語でコミュニケーションを取るのは難しいですから、翻訳機を使うと便利です。

「Tôi」は私という意味のベトナム語ですが、「tối」は夜、「thôi」は停止、「thổi」は炊くという意味の単語。これを完璧に聞き取ることはベトナム語上級者でないと無理がありますから、翻訳機を使いながら学習やビジネス、旅行に役立てていってください。

ここで紹介した翻訳機はいずれもベトナム語対応ですし、ここで紹介した以外の翻訳機もベトナム語対応が多くなっています。

しかしベトナム語はメジャー言語ではありません。オフラインのみの翻訳機であればベトナム語には対応していないことが多いので、しっかりチェックしてから買うようにしてください。

ベトナム企業や店舗などをご案内いたします。

ベトナムでビジネス展開を考えている方は年々増えてきています。

企業からの駐在も多いのですが、飲食業やIT業も含めどんどん出てきています。

私自身も2018年の8月に初めてベトナムを訪問し、ホーチミンの熱量にやられてしまった一人です。(もちろんいい意味で。)

このたび、ベトナムの方々とのふれあいなどを一年間してきた中で培った人脈などをとおして、今後ベトナムに進出を考えている方のサポートをすることとなりました。

まずは、何をしたいか?どのようなものを見てみたいか?

そういったことをお伝え下さい。

その上で最適なご提案をさせていただきます。

ご興味のある方はぜひ、こちらよりお問い合わせください。

ベトナム語が短期でみるみる上達!?
会話力を身に付けたい方へ