まるで絵のよう!ベトナムの刺繍の特徴やオススメのアイテムとは?

のべ307がこの記事を参考にしています!

まるで絵のようなタッチで刺繍が施されている「ベトナム刺繍」。

ベトナム刺繍は、シルクを1本1本染色して時間を掛けて人の手によって縫い重ねることによって、まるで絵のようなリアリティのある仕上がりにすることができます。

今回は、ベトナム刺繍の特徴や歴史的背景、ベトナム刺繍が入っているオススメのアイテム、ベトナム刺繍が楽しめるオススメスポットをそれぞれ紹介していきます。

ベトナム刺繍の特徴とは?

ベトナム刺繍の特徴は、まるで絵に描いたようなとてもきめ細かい仕上がりになっていることです。

初めて本場のベトナム刺繍を見た人などは、「これって絵じゃないの?!」と、最初はとてもビックリしてしまうほどリアリティのある仕上がりになっています。

現地のベトナムでは自国の歴史ある芸術作品として広く知られていて、日本においてもベトナム刺繍の魅力に惹かれて自分の趣味としている人などもいます。

そこで、まずはベトナム刺繍の特徴や歴史的背景などを紹介していきます。

16世紀以降に中国やフランスから伝承された

絵のようなリアリティのあるベトナム刺繍の起源は、中国からの影響が強いとされています。

16世紀に「チャン・ゴック・カ」という人物が中国から刺繍の技法を会得し、その技法をベトナムに持ち帰ったことが今のベトナム刺繍に繋がっています。

また、フランス文化などの影響ベトナムに流れていった背景などもあり、徐々に西洋的なリアリティのある刺繍作品へとなっていきます。

当時のベトナムでは女性が刺繍を好んで作業をするようになり、徐々にそれがベトナム全土に広まっていき、さまざま刺繍が施された民族衣装や小物などが作られていくようになりました。

全ての刺繍を手作業で行う

ベトナム刺繍の大きな特徴は、全ての刺繍を人の手作業で行っていることです。

今では洋服や小物などの刺繍は機械によって装飾されることが当たり前のようになっていますが、ベトナム刺繍の場合では機械を一切使っていません。

どのような大きな作品やアイテムでも、ひと針ひと針を人の手で縫っていのでとても時間が掛かってしまいますが、ベトナム刺繍として認められているのは機械を使用していない手作業だけで仕上げられたものだけになります。

人の手で全てを仕上げられてあるので、機械では表現できない細かな起伏や色のグラデーションなどを出すことができ、まるで絵のような作品として完成させることができます。

現地の工芸品としてさまざまアイテムが楽しめる

ベトナム刺繍の特徴は、絵のような芸術作品があることの他にも、さまざまな工芸品やアイテムなどに装飾がされていることです。

現地ベトナムでは刺繍によって生計を立てている人が非常に多く、ハノイやホーチミンなどではたくさんの刺繍雑貨店を目にすることができます。

そのような、刺繍雑貨店にはバッグや財布といったアイテムが販売されていて、実際にベトナム刺繍を行っている作業を見学することもできます。

ベトナム刺繍が入っているオススメのアイテムとは?

ベトナム刺繍はさまざまな雑貨やアイテムに装飾されていますが、どのようなものが人気でオススメのものなのでしょうか?

続いて、ベトナム刺繍が入っているオススメのアイテムを紹介していきます。

バッグ

ベトナム刺繍が入っているアイテムの中でも人気でオススメのものには「バッグ」があります。

ハンドバッグやトートバッグなどにベトナム刺繍が施されていて、女性には人気のアイテムとなっています。

ベトナム刺繍のバッグには花柄がとても多く、色鮮やで温かみのある模様となっています。

財布

バッグの次にオススメのアイテムは「財布」で、現地ベトナムではさまざま絵柄や模様の刺繍が入っている財布が販売されています。

日本のベトナム雑貨店などでも、ベトナム刺繍が入っている財布を販売していることが多く人気のアイテムとなっています。

また、財布の場合には装飾されている刺繍だけではなく、財布の生地もシルクを使っていることが多く、全体的にとても光沢のある仕上がりになっています。

ハンカチ

ハンカチもベトナム刺繍が入っているアイテムの中では人気がありオススメです。

ベトナム刺繍の特徴は絵のように細かく縫ってあることですが、ハンカチにベトナム刺繍を装飾することで、まるで絵で描いてあるような模様を施すことができます。

プリントされている模様ではないので、とても温かみのあるハンカチになり、贈り物としてもベトナム刺繍が入っているハンカチは張宝されています。

コースター

コースターもベトナム刺繍が入っているものがあり、オススメのアイテムです。

ベトナム刺繍が入っているバッグや財布などはやや値段が高いものが多くなってしまいますが、コースターであれば安価なものが多く気軽に購入することができます。

ベトナム刺繍のコースターはとても可愛いものが多く、現地ベトナムのコースターは女性に人気でお土産としてもオススメのアイテムです。

現地ベトナムでベトナム刺繍を楽しめるオススメスポットとは?

最後に現地ベトナムでベトナム刺繍を楽しむことができる、オススメスポットをいくつか紹介していきます。

現地ベトナムには、ベトナム刺繍の作品を鑑賞できる美術館や雑貨店などが街の至るところにあります。

フエ刺繍美術館

ベトナムの中でも観光スポットが多いフエには「フエ刺繍美術館」というベトナム刺繍を鑑賞できる美術館があります。

フエ刺繍美術館の住所は「1 Pham Hong Thai, Hue」になり、川沿いの近くに美術館の建物があります。

こちらの美術館ではギャラリーとしてだけではなく、ショップや工房としても営業しているので、ベトナム刺繍を購入したり自分で体験したりすることもできます。

ベンタン市場

ベトナムホーチミンの中にある市場の「ベンタン市場」には、ベトナム刺繍を取り扱っている雑貨店やショップなどがたくさんあります。

ハンカチやバッグなどにベトナム刺繍が施されていて、お土産などには丁度良く観光客に人気のエリアです。

その他のベトナムにある市場には「ビンタイ市場」や「アンドン市場」などがあり、それらの市場でもベトナム刺繍のさまざまなアイテムを楽しむことができます。

XQ

高級感のあるベトナム刺繍を楽しみたいのであれば、ホーチミンにある刺繍製品店の「XQ」がオススメになります。

XQは創業実績がとても長く、ホーチミンのベトナム刺繍を扱うショップの中でも老舗として知られています。

店内には、まさに絵画のようなベトナム刺繍の作品が展示されてあり、人物画や風景画のような刺繍作品を見て楽しむことができます。

また、XQには多くのベトナム刺繍の職人が実際に作業をしていて、その作業風景を見学することができます。

まとめ

ベトナム刺繍について紹介してきましたが、ベトナム刺繍は全て手作業によって仕上げられているのでとても温かみのあることが特徴です。

きめ細かくて、絵画のような仕上がりに初めて本場のベトナム刺繍を見た人はとても感動してしまうでしょう。

そのため、ベトナム刺繍が入っているさまざまアイテムなどは、お土産や贈り物としても重宝されていて、今では日本でもベトナム刺繍の工房やギャラリーなどがあります。

ベトナム刺繍に興味がある人は、まずは自分の目で作品の素晴らしさを体験してみて下さい。

ベトナム企業や店舗などをご案内いたします。

ベトナムでビジネス展開を考えている方は年々増えてきています。

企業からの駐在も多いのですが、飲食業やIT業も含めどんどん出てきています。

私自身も2018年の8月に初めてベトナムを訪問し、ホーチミンの熱量にやられてしまった一人です。(もちろんいい意味で。)

このたび、ベトナムの方々とのふれあいなどを一年間してきた中で培った人脈などをとおして、今後ベトナムに進出を考えている方のサポートをすることとなりました。

まずは、何をしたいか?どのようなものを見てみたいか?

そういったことをお伝え下さい。

その上で最適なご提案をさせていただきます。

ご興味のある方はぜひ、こちらよりお問い合わせください。

ベトナム語が短期でみるみる上達!?
会話力を身に付けたい方へ