ベトナムの賃貸物件は多種多様!お得なローカルアパートから、ゴージャスホテルまで!

のべ241がこの記事を参考にしています!

ベトナム 賃貸

ベトナムで仕事をすることになったり留学をすることになったときに、一番最初にしなければならないのが住居探しです。

駐在員のように会社が何もかもを手配してくれるのであれば何の心配も要りませんが、現地採用や留学などの場合には自分で探さなければならないことがほとんどでしょう。海外での住居探しは不安ですよね?

ハノイやホーチミンでの日系の不動産を活用して探す方法から、ネットなどを駆使しして自力で探す方法まで、ベトナムでの賃貸に関する情報を集めてまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

ベトナムでの賃貸物件の探し方

ベトナムで住むための賃貸物件はどのように探せばよいのでしょうか?検討もつかないかもしれませんが、安心してください。実は探し方は日本とそんなに変わりません。それぞれの探し方を順番に詳しくみていきましょう。

日系の不動産業者で探す

ハノイやホーチミンには日系の不動産会社がいくつもあります。もちろん日本人が在籍していて、日本語で対応が可能です。予算や場所などの希望があればそれを伝えて、目ぼしい物件を見に行くという日本の流れと同じです。

日系の不動産会社であれば賃貸で借りている家に何か不具合や問題があったときに、すぐにオーナーと連絡を取ってくれたりと何かと安心です。とくにベトナムの住居は日本の住居ほど管理や設備が整っていないことが多く、想定外の問題が出てくることが頻繁にあります。異国の地で初めての住居探しであれば日系の不動産会社を通すことをおすすめします。

ハノイとホーチミンの日系不動産会社をいくつかご紹介します。

ハノイ

ハノイリビング:https://hanoi-living.com/

ドラゴンハウジング(ホーチミンにもあり):http://dragonhanoi.net/

 

ホーチミン

RESS不動産:https://ress.vn/

アオザイハウジング:https://aodaihousing.com/ja/

ベトナムハウス(ハノイにもあり):https://vietnamhouse.jp/

日本でおなじみのレオパレスやエイブル、スターツのベトナム支店もあるのでこちらも要チェックです。

レオパレス

http://leopalace21vn.com/

エイブル

https://www.able-nw.com/hanoi/

https://www.able-nw.com/hochiminh/

スターツ

https://kaigai.starts.co.jp/vietnam

ベトナムローカルの不動産会社で探す

ベトナムに既に慣れている人、もしくはベトナム語や英語に問題がないのであればベトナムローカルの不動産会社で探すのもアリです。日系の不動産会社では取り扱っていないようなより低料金でお得な情報を持っており、選択肢の幅が広がることでしょう。また日本人同士だとやりにくいであろう思い切った価格交渉も可能です。

ただしやり取りがスムーズでなかったり、契約が決まりかけていたのにオーナーの事情でいきなり断られたり、物事がうまく進まずにイライラすることが多くなることは覚悟しておいてください。ベトナムローカルらしさを思いっきり楽しむつもりでチャレンジしてみましょう。

こちらはローカルの不動産のホームページの一部です。まずはネットで大体のあたりをつけてから連絡することができます。それぞれの都市の情報誌などにも掲載があるため、色々な不動産業者で比較検討することをおすすめします。

Hanoi Real Estate Rentals Agency:https://hanoirealestate.com.vn/

Vietnam Housing:https://www.housing.vn/

BESTRET.VN:http://www.bestrent.vn/

 

インターネットで探す

ベトナムは私たちが想像するよりずっとインターネット社会が進んでいます。英語やベトナム語ができれば、住居もインターネットで十分に探すことができます。

こちらにご紹介するようなサイトで情報を収集して直接連絡を取ったり不動産会社に掛け合ってもらうなど、色々な方法が可能となるでしょう。ただしベトナム語しかできないオーナーや仲介者も多いため、ベトナム語ができる人以外はベトナム人の友達に手伝ってもらうことをおすすめします。

VNRETAL.COM:http://www.vnrental.com/

batdongsan.com.vn:https://batdongsan.com.vn/

Expat:https://www.expat.com/

 

足を使って探す

上記のようにインターネットにはたくさんの情報が溢れています。しかしベトナムで住居を探すのであれば、住みたい町や場所、アパートの周辺などを実際に訪れて、自分の目で見て回ることをおすすめします。ベトナムではアパートの内装や設備以外にも、周りの住環境がとても大切になってくるからです。

日本のようにどこにでもコンビニやスーパーがあるわけではないので、日々の買い物に便利な場所かどうかは大切なポイントです。また公共交通機関が発達していないため、タクシーが来やすい場所か、会社や学校のバスが送迎に来れるかなども確認しなければなりません。さらにベトナムにありがちな騒音問題がないかも重要です。例えば周りに深夜までやっているカラオケがないかなども事前にチェックしておきましょう。

外国人が多いと物価が高くはなりますがおしゃれなカフェやレストランが多くなります。外国人の中でも日本人が多い場所であれば日本食レストランや日系のスーパーなども多くなるでしょう。その場所の雰囲気や騒音の程度など、何度か時間や曜日を変えて通ってみて念入りに下調べすることをおすすめします。

自分の足で見て回っている時にローカルのアパートの場合、看板や張り紙に注目してください。もし空き部屋がある場合は「cho thuê (チョー トゥエー)/ 貸します」という言葉と連絡先が入っているはずです。実際にその場所に訪れることで、ネットなどの情報には出ていないよい物件に思いがけず出会えるかもしれません。

 

物件探しで役に立ちそうなベトナム語フレーズ

以下に物件探しの時に役立つかもしれない、ベトナム語のフレーズをいくつかご紹介します。

◾️Tôi muốn thuê phòng này(トイ ムオン トゥエ フォン ナイ)/ この部屋を借りたいのですが

◾️Giá thuê là bao nhiêu?(ザー トゥエ ラー バオニュー?)/ 家賃はいくらですか?

◾️Dịch vụ vệ sinh bao nhiêu lần một tuần?(ジック ヴー ヴェ シン バオニュー ラン モッ トゥアン?)/ 掃除のサービスは週に何回ですか?

◾️Có bao nhiêu khăn để chị / anh thay đổi một tuần?(コー バオニュー カン デー チ / アイン タイ ドイ モッ トゥアン?)/ リネンの交換は週に何回ありますか?

◾️ Chị / anh có thể chỉ cho tôi các phòng khác ?(チ / アイン コー テー チー チョー トイ カック フォン カック?) / 他の部屋も見せてもらえますか?

 

 

Nguyet

Tôi muốn thuê phòng này

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/01/218.wav
MyTien

Tôi muốn thuê phòng này

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/01/toimuonthuephongnay.wav
Nguyet

Giá thuê là bao nhiêu?

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/01/219.wav
MyTien

Giá thuê là bao nhiêu?

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/01/giathuelabaonhieu.wav
Nguyet

Dịch vụ vệ sinh bao nhiêu lần một tuần?

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/01/220.wav
MyTien

Dịch vụ vệ sinh bao nhiêu lần một tuần?

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/01/dichvuvesinhbaonhieulanmottuan.wav
Nguyet

Có bao nhiêu khăn để anh chị thay đổi một tuần?

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/01/221.wav
MyTien

Có bao nhiêu khăn để anh chị thay đổi một tuần?

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/01/cobaonhieukhandeanhchithaydoimottuan.wav
Nguyet

Anh có thể chỉ cho tôi các phòng khác?

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/01/222.wav
MyTien

Anh có thể chỉ cho tôi các phòng khác?

https://tieng-viet.jp/wp-content/uploads/2020/01/anhcothechichotoicacphongkhac.wav

ベトナムの賃貸物件の種類と家賃の相場

ベトナムでの賃貸物件は主に下記の種類となります。賃貸物件の特徴とそれぞれの家賃の相場をご紹介していきます。

どのタイプもすぐに住める基本的な家具や電化製品、食器などは揃っているので、日本から何も持ってこなくても、すぐに暮らすことができます。

ホテル

料金の相場:2,000〜5,000ドル

主に日本や海外から駐在で来ている人たちが住む住居として、高級ホテルでの長期滞在が選ばれることがあります。ホテルによっては旅行などの短期滞在者よりも、長期滞在の人たちの方が多いところもあるほどです。

朝食や掃除、リネンやタオルの交換や洗濯などのルームサービスがついており、プール、ジム、スパなどの設備も整ったホテル並のサービスを受けながら生活をすることができます。またセキュリティも24時間体制で、サービスも行き届いているため、家族連れの駐在員も快適に過ごすことができるでしょう。

コンドミニアム

料金の相場:700〜2,000ドル

コンドミニアムとは日本ではあまり馴染みのない賃貸の種類ですが、こちらは日本でいうところの分譲物件の賃貸ということになります。

家具や基本的な家電、食器などが付いている部屋の家賃のみ支払いとなり、光熱費やインターネット使用料、掃除やメイドの費用は別途支払わなければなりません。その分広くて立地の良い部屋でも家賃に割安感はあります。しかしもし部屋の設備に不具合があった場合は、借りる人の負担となってしまいます。

形式は高級レジデンスから普通のマンション、ヴィラタイプの一戸建てまで様々です。内装や家具などの趣味はそのオーナーの好みによって変わってくることも多いので、同じアパートでも部屋によって雰囲気が全く異なる場合があります。よくも悪くもオーナーの意向が強く反映される物件となります。

サービスアパート

料金の相場:400〜5,000ドル以上

ベトナムで外国人が一番住む確率が高いのが、サービスアパートではないでしょうか。家賃に家具や家電、食器などの基本的な設備のほか、掃除、リネンの交換、光熱費、インターネット接続料なども含まれていることがほとんどです。建物の規模にもよりますが、レセプションがあったり警備もきちんとされていることが多いため、外国人でも安心して過ごせます。

コンドミニアムとは異なり、サービスアパートとして運営されているため、部屋の設備に不具合があった場合はすぐに運営会社側の責任で対応してくれます。

ローカルに近い低料金のサービスアパートから、ホテルに近い高級サービスアパートまで様々な種類があるので、ライフスタイルによって選ぶことができます。

ローカルアパート

料金の相場:200ドル〜

ベトナム人と同様の生活にどっぶりとつかりたいのであれば、ローカルのアパートもアリです。下限は 200ドルからと書きましたが、郊外であればもっと安い物件がいくらでも出てきます。

探し方は上記で紹介したようなインターネットサイトで探すか、町に出て足で探す方法となります。ただしベトナム語しかできないオーナーだったり、外国人には賃貸していない場合もあるため注意しましょう。また、セキュリティが高いわけではないので、空き巣などの被害のリスクなども考えておかなければなりません。

ベトナムでの賃貸のルールQ&A

ではここからは実際にベトナムで賃貸物件を借りるときの、一般的なルールをみていきましょう。内容を確認したところ日本と異なる点はあるものの、そこまで大きな文化の違いはなさそうです。

ベトナムでの賃貸のルールについてQ&A方式でお答えしていきます。

Q. 仲介手数料はある?

賃貸物件を探して契約するまでをもし不動産業者に頼むのであれば、仲介手数料がかかってきます。日系の不動産業者であれば大体家賃の1ヶ月くらいが相場でしょう。

もし会社が手配してくれる住居であれば問題ないのですが、個人で契約する場合は仲介手数料はかかってしまいますが、できれば日系の不動産業者を通すことをおすすめします。

ベトナムの住居では日本ではありえないような想定外の事態が発生することもあります。そんな時、やはり日本語ができる日本人の仲介がいることは物理的にも精神的にも支えにになることでしょう。

Q. 保証金はある?

日本と同様にベトナムでも不動産を借りるときには保証金が必要となってきます。不動産業者を介しても、オーナーと直接契約しても同じで、相場は家賃の1〜2ヶ月分ほどです。基本的には契約が終了したときに戻ってくるお金ですが、住居の破損が激しかった場合などに、修理代として差し引かれることもあります。

Q. 契約期間は?

基本的には1年が多いようですが、海外からの赴任で短期〜長期滞在者まで様々な人々が暮らすことが想定されるため、1週間や1ヶ月単位で借りられる物件もあります。逆に長期滞在で契約すると家賃が割引になるようなケースもあるようです。

光熱費やインターネット接続料金込み?

これは借りる物件のスタイルや契約内容によって変わってきます。ホテルやサービスアパートであれば光熱費やインターネットの接続料は家賃に含まれていることがほとんどです。

ベトナムで安くアパートを借りるには?

ベトナムで生活をするにあたり一番経費がかかるのは、やはり住居の費用になってくるでしょう。駐在員のように会社が全て負担する場合は問題ありませんが、個人で負担する場合は住居費を抑えることが、生活費を抑えるコツです。ベトナムの物価は日本に比べて1/3〜1/5ほど。探せば探すほど安い賃貸物件がたくさん出てきます。

ベトナムでできるだけ安いアパートを探す方法を伝授します。

ローカルアパートを探す

おすすめはやはりローカルアパートを探すことです。外国人には不可のところもあるかもしれませんが、インターネットや自分の足で探し、より良い物件を探しましょう。

オーナーと直接契約する

不動産業者を挟むと安心感がありますが、経費的には多くかかってしまいます。できるだけ住居費用を安くしたいのであれば、ネットや足で探したローカルアパートのオーナーと直接契約することをおすすめします。

ベトナム人の友達に手伝ってもらおう!

ベトナム語が流暢でもベトナム人を相手に家賃を値切るのはなかなか至難の技でしょう。ここはローカルのベトナム人に手伝ってもらい、思い切り価格交渉をしてもらいましょう。ベトナム人にとっては価格交渉をされるのは当たり前。ベトナム人同士であれば強気で交渉してもらえること間違いなしです。

まとめ

これまでみてきたように、ベトナムで賃貸物件には日本にない種類の物件もありますが、部屋借りることは日本の風習や文化と大きく異なる点はないため、そこまで戸惑うことはないでしょう。とくに初めてであれば、日系の不動産業者を通して行えば安心です。

おすすめはまずは自分の目で町の雰囲気や住環境を確認するためにも、実際に住みたい場所を時間帯や曜日を変えて訪ねてみることです。実際に行ってみると思いがけず空き物件を見つけることができるかもしれません。

外国人がベトナムに住むときに一番多いのがサービスアパートになるかと思いますが、家賃に掃除などのサービスのほか光熱費なども含まれていることが多いため支払いが楽でおすすめです。しかし極力住居費を抑えたいのであれば、ネットや直接建物に貼ってある空き部屋情報を頼りに、オーナーと直接契約するのが一番です。その際はぜひ価格交渉をすることも見据え、ベトナム人の友達に手伝ってもらうことをおすすめします。

ベトナム企業や店舗などをご案内いたします。

ベトナムでビジネス展開を考えている方は年々増えてきています。

企業からの駐在も多いのですが、飲食業やIT業も含めどんどん出てきています。

私自身も2018年の8月に初めてベトナムを訪問し、ホーチミンの熱量にやられてしまった一人です。(もちろんいい意味で。)

このたび、ベトナムの方々とのふれあいなどを一年間してきた中で培った人脈などをとおして、今後ベトナムに進出を考えている方のサポートをすることとなりました。

まずは、何をしたいか?どのようなものを見てみたいか?

そういったことをお伝え下さい。

その上で最適なご提案をさせていただきます。

ご興味のある方はぜひ、こちらよりお問い合わせください。

ベトナム語が短期でみるみる上達!?
会話力を身に付けたい方へ