ベトナム語の通訳になりたい!必要な勉強と通訳になるための情報まとめ

のべ1,831がこの記事を参考にしています!

日本人にとってベトナム語は馴染みのある言語ではありません。
流暢に話すことができれば通訳として活躍することもできますし、ライバルも少ないので英語などと比べるとそういう意味では比較的楽です。

しかしベトナム語は言語として英語よりも難易度が高く、日本人は苦戦しがちです。
いつかベトナム語がペラペラになって通訳になりたいという人のために、ベトナム語の通訳になるポイントや勉強方法、通訳者に求められることを紹介していきます。

最後に通訳になってからについてのことも紹介していくので、最後まで目を通してくださいね。

通訳になるために!リスニングとスピーキングを徹底的に鍛えよう

ベトナム語の通訳になるためには、リスニングとスピーキングを徹底的に鍛える必要があります。
どちらかだけでは通訳として仕事をすることはできませんから当然と言えば当然ですね。

英語であれば聞く機会もありますが、ベトナム語は実生活の中ではほとんど皆無。
だからこそいかに自分が努力するのかが重要になってきます。

通訳になるためには、読む、書く、聞く、話すの4つのことを難なくこなす必要があります。
「これはいくらですか?」はベトナム語にすると「Cái này bao nhiêu?」となりますが、読めるだけ、書けるだけではダメです。

日本人は机の上での勉強は得意なので書くことは割とスムーズにできますが、ベトナム語は発音が難しい言語。
「聞く」「話す」というのは難易度が高く、ネイティブはペラペラと喋るためなかなか聞き取れません。

ベトナム語は日本語にはない音が複数あります。
声調が6つありますし、日本語よりも音をハッキリと発音するため慣れるしかありません。

日本語よりもリズミカルで音程差もあるので、とにかく聞いて聞いて聞きまくることが通訳になる近道とされています。

ベトナム語の文法はそこまで難しくはありません。
文法は反復練習をしていけば覚えられることができるため、日本人向きでもあります。

ベトナム語で一番つまずきやすいのは発音です。
発音さえマスターすれば通訳まであと少しなので、読む、書く、聞く、話すの4つの中でも集中的に時間を割くようにしましょう。

ベトナム語の「a」の母音は3つ、「e」の母音は2つ、「i」の母音は1つ、「o」の母音は3つ、「u」の母音は2つあります。
組み合わせによって発音が変わるので、とにかくたくさんの音を聞くようにして下さい。通訳になるためには、読む、書く、聞く、話すの4つのことを難なくこなす必要があります。
「これはいくらですか?」はベトナム語にすると「Cái này bao nhiêu?」となりますが、読めるだけ、書けるだけではダメです。

日本人は机の上での勉強は得意なので書くことは割とスムーズにできますが、ベトナム語は発音が難しい言語。
「聞く」「話す」というのは難易度が高く、ネイティブはペラペラと喋るためなかなか聞き取れません。

ベトナム語は日本語にはない音が複数あります。
声調が6つありますし、日本語よりも音をハッキリと発音するため慣れるしかありません。

日本語よりもリズミカルで音程差もあるので、とにかく聞いて聞いて聞きまくることが通訳になる近道とされています。

ベトナム語の文法はそこまで難しくはありません。
文法は反復練習をしていけば覚えられることができるため、日本人向きでもあります。

ベトナム語で一番つまずきやすいのは発音です。
発音さえマスターすれば通訳まであと少しなので、読む、書く、聞く、話すの4つの中でも集中的に時間を割くようにしましょう。

ベトナム語の「a」の母音は3つ、「e」の母音は2つ、「i」の母音は1つ、「o」の母音は3つ、「u」の母音は2つあります。
組み合わせによって発音が変わるので、とにかくたくさんの音を聞くようにして下さい。

ネイティブ言語を学ぶには独学だけでは厳しい

真面目にコツコツ勉強していれば語学力は上昇していきます。
しかし独学だけでは難しいのが現実。

日本語でも同じ意味の言い回しがいくつかあるように、ベトナム語もそれぞれニュアンスが違います。
例えば「とても嬉しいです」はベトナム語だと「Tôi đang rất hạnh phúc」となりますが、「Tôi đang hạnh phúc」や「Cảm ơn bạn」、「tôi rất ấn tượng」も同じような意味です。

全て同じような意味ですが、その微妙なニュアンスは独学では学べません。

単に日常会話を覚えるだけなら独学でも可能ですが、通訳は言葉のニュアンスも大事です。
実際にベトナム人と会話をして覚える、語学レッスンに通って覚えるなども必要。

また、「Địt」は日本語だと「畜生」といった意味ですが、人に向かって言うのはタブー。
「Gợi cảm」は「セクシー」という意味ですが、性的な意味が強いので普通は人に向かっては使いません。

友人同士でも使わない単語なので、通訳の仕事として使うのはNG。

一見普通の言葉のように見えてもタブーとなる言語もあるので、通訳になるならそういったことも知っておく必要があります。
自分でネイティブスピーカーと話して覚える感覚でもあるので、独学をしてレベルが上がってきたらきちんと学ぶようにしましょう。

語学力だけじゃない!ベトナム語の通訳者に求められること

通訳は相手の喋った内容を正確に伝えるのが仕事です。
その場で訳して言葉を伝えることが重要ですが、それだけではできない仕事。
語学力をアップさせるのは当然ですが、通訳を目指すならこういったことも学習していくようにしましょう。

専門的な知識を学ぶ必要がある

日常会話や旅行のサポートなどであればそこまで必要ではありませんが、特定の分野の通訳をするなら専門的な知識も必要です。

ファッション業界の通訳であれば「váy(スカート)」「Áo khoác(ジャケット)」「một miêng(ワンピース)」などの単語を覚えることは最低限必要です。
他にも素材の名前や納期に関する言語、裁縫の種類など、覚えることは山ほどあります。

専門的な単語や言葉はネイティブでも知らないことが多いです。
IT、金融、不動産など、その国の人でも知らない単語がありますから、特定の分野の通訳をするならマスターしておく必要がありますよ。

個人レベルで通訳をするのか企業を相手にしたいのかでも通訳のレベルが変わってくるので、どこを目指すのかを決めて効率よく学習していくようにしてください。

通訳にはコミュニケーション能力も必要

通訳の仕事は言語を訳すことですが、人を相手にしているのでコミュニケーションをうまく取ることも大事です。
日本人は回りくどい言い方をする特徴があるので、その意図をくみとって相手に伝えることも重要になってきます。
「この人が何を伝えたいのか」を読む力も必要ですし、気配りも大事。

双方に分かりやすく伝える仕事なので、円滑に進むようにサポートしつつ訳すクセをつけるようにしましょう。

また、わざわざ訳さなくて良いことかどうかを判断する力も必要です。
「Không ồn ào」は「うるさい」という意味ですが、小言のような小さい声でボソッと言う程度なら訳さなくて良い場合もありますよね。

通訳といえど訳すべき言葉、そうでない言葉があるので、そういったことも空気を読んでいく力も必要になってきます。

ベトナム語の通訳になったその後!資格と仕事について

ベトナム語を話せる日本人は多くはありません。
ペラペラに喋られるようになれば仕事には困らないと思うかもしれませんが、そえは雇用形態にもよってきます。

では、ベトナム語通訳の実態について紹介していきます。

資格がなくても働けるが取っておいた方が断然有利

まず資格ですが、取っておいて損をするわけではありません。
資格がないと通訳として仕事ができないわけではありませんが、自分のレベルを証明するものなので出来るだけ取得しておきましょう。

資格にはいくつか種類がありますが、実用ベトナム語技能検定試験、ベトナム語能力評価試験が有名です。

ちなみに「ベトナム語能力評価試験」はベトナムの国家試験です。
ベトナムで試験を受ける必要がありますが、受験資格は特になく、短期間の滞在をしている日本人でも受験をすることができます。

個人で活動するなら資格がないと信用されにくいですし、会社に入るにしても語学の目安になるので取得するようにしましょう。

日本国内だとベトナム語の需要は多くない

日本で需要のある言語は英語、中国語、韓国語、その他ヨーロッパの言語です。
残念ながらベトナム語の需要は多くはないので、通訳だけで稼ぐのは厳しいとされています。

日本でベトナム語の通訳者として活躍している人の多くは、英語など他の言語も扱える場合が多く、そのツテで仕事が流れてくることも多いのです。
定期的に仕事を貰えるのであればフリーで活動した方が稼ぐことができますが、それが難しいのであれば会社に入るのも手です。

時給に換算すると英語の通訳者よりも高額になることが多いですが、そのぶん仕事の数が少ないのも現実です。
ベトナム語の通訳だけで仕事がしたいのであれば、人とのツテを作っておく、他の人よりも圧倒的な語学力を身に着けるなどしていきましょう。

まとめ

ベトナム語は日本には馴染みの少ない言葉なので、通訳レベルに達するにはたくさんの努力が必要です。
特に発音が難しいのでできるだけ本場の音声を聞くようにして、少しでも早く耳を慣らすようにしましょう。

通訳の仕事は言葉を訳すだけではないので大変な仕事ではありますが、その分、やりがいや達成感があります。

ベトナム単語短期習得プログラム

脳科学に基づいたイラストやリズムをつかったビデオで、計2,000以上の単語を短期で無理なく覚えることのできるプログラムです。
定番の単語から、あったらいいな!というベトナム語単語特集までぞくぞく新しいビデオ制作中です。

まずは「野菜」と「よく使う形容詞」の2つを無料公開中ですので、ぜひ御覧ください。

ベトナム単語力強化ビデオ公開中
文法を少し覚えた後は単語の置き換えでぐんぐん伸びます!