日本語のベトナム語翻訳の特徴は?ビジネスで利用する際の注意点とメリット

のべ1,292がこの記事を参考にしています!

ビジネスでベトナム語翻訳の利用を検討しているなら、その作業が一筋縄ではいかないこと、きちんと翻訳できればメリットが得られることを理解しておきましょう。よく考えずに挑戦したりすると失敗することもあるので、そうした準備を省いてしまうのはよくありません。

日本語をベトナム語に翻訳する作業がどういうものなのか、しっかり把握してから始めることが大切です。では、重要なポイントを3つに分けて説明していきましょう。

ベトナム語は難易度が高い

ベトナム語の翻訳はハードルが高い作業なので、ビジネスで行う場合は注意が必要です。この点を見逃していると、予想外の事態に戸惑ってしまうこともあるので、しっかり押さえておいてください。難しさがあることを理解していれば、対策を講じることもできます。

では、その難しさについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

自動翻訳が通用しない

外国語の翻訳は自動翻訳で済ませたりもしますが、ベトナム語だとうまくいかないことがあります。これが、難易度を上げている要素のひとつです。

自動翻訳はとても楽な方法なので、普通に使えれば、難易度の高さに悩むことは少なくなります。しかし、ベトナム語はその方法ではクリアできないため、高い壁を感じることが多いのです。ビジネスのためにしっかりと正確な翻訳をするなら、翻訳の方法には気をつけてください。

1-1-1.大きな変化が原因

ベトナム語が自動翻訳でうまく訳せない理由は、時代の変化です。ベトナム語は、時代の進みに大きく影響を受けています。もともとあった言葉が、時代に会わせて変化し、それまでの意味や使い方が通じなくなっていることがあるのです。これが、自動翻訳を妨げています。

自動翻訳では、そうした大きな変化に対応することができません。現在では一般的になったベトナム語も、古い訳し方をすると、うまく再現できない可能性が高いのです。
変化に合わせた適切な翻訳をするためには、機械的な翻訳ではなく、地道な手作業が必要になってきます。

1-1-2.方言や略語がたくさんある

日本と同じように、ベトナムにも方言があります。これも、翻訳するときのハードルを上げている要素のひとつです。

ベトナムには、現地人でも理解できない難解な方言や略語などが、多数存在しています。北部、中部、南部のそれぞれで、頻繁に独特の言葉が生み出されているのです。そうなると、話すときはもちろん、文章の翻訳にも影響してきます。ベトナムの一部の地域でしか使われていない言葉などは、自動翻訳だけで対応することができません。

1-1-3.翻訳方法をしっかり伝えることが大切

日本語を難易度の高いベトナム語に翻訳するとき、できるだけ正確な文章にしてビジネスに役立てるには、翻訳者にしっかり注意を促しておきましょう。

自動翻訳ツールを使うと、おかしな文章になる可能性が高く、利用できないものが出来上がってしまいます。自動翻訳以外の方法で作業するよう、事前にしっかり伝えておけば、そうしたミスを防ぐことができるのです。きちんと対策を行い、本来の意味が確実に伝わるベトナム語を用意していきましょう。

発音にも注意

ベトナム語の翻訳をビジネスに利用するときは、発音にも難しさがあることを知っておきましょう。ベトナム語は、日本人にとってかなり発音しにくい言語です。その難解さが語られるときは、文章より発音の方が強調されることもあります。

1-2-1.少しでも間違えるとまったく違う意味に

ベトナム語は発音の種類が多く、同じ言葉に6パターンもの声調があったりします。そのため、少し発音が違っているだけで、意味が通らなくなることもあります。

また、母音や末子音も複雑です。aだけでも、a、ă、âといった3つの母音があり、日本語よりも多くなっています。末子音も日本語の感覚とは違っており、ほとんど発音しないことがよくあります。例えば、学ぶという意味のhọcは、日本語だとホックになりそうですが、実際にはほぼホフです。

こうした難解さが、ベトナム語を学ぶときに苦労する原因となっているのです。

1-2-2.インターネットを活用して乗り越えよう

ビジネスのためにベトナム語をかじっておきたいなら、積極的にインターネットを利用し、発音を習得していきましょう。

昔は教材などが限られていたため、難しさを強く感じてしまうこともありましたが、現在では助けになるものが多くあります。ネットなら動画を見ることもできるので、うまく使って効率よく勉強していきましょう。

翻訳ができればインバウンド対策になる

ベトナム語の翻訳をビジネスに役立てるなら、ぜひインバウンドについて考えてみてください。旅行者が快適に過ごせるように、翻訳の面から工夫を加えて行けば、ビジネスチャンスをつかむことができます。

訪日旅行者は増加している

ベトナムからの訪日旅行者は、以前よりも増えました。そのため、ベトナム語の表記は、かなり需要があります。

日本に詳しい人なら、簡単な日本語が理解できることもありますが、誰もが日本語に慣れているわけではありません。そうした旅行者にアピールするためにも、翻訳のメリットを知っておきましょう。

インターネットによる情報収集を簡単に

ベトナムからの旅行者は、出発の前にインターネットで情報をチェックするものです。そのとき、日本語のサイトよりは、見慣れたベトナム語のサイトの方が利用しやすくなるものです。インバウンド対策をするなら、ここに注目してください。

旅行者が利用するサイトを、より使いやすいものにしていけば、ビジネスが目的の人にも、しっかりアプローチしていくことができます。商品やサービスをベトナムへ向けて紹介するときも、ベトナム語翻訳ができていれば、問題は起こりません。

長く滞在する人にストレスを与えない

ベトナムからのビジネス客には、長期滞在をする人も多くいます。長い滞在で不便さを感じさせないためにも、日本語からベトナム語への翻訳を正確に行うようにしてください。長期滞在者は、旅行支出額に大きな影響を与えています。ベトナム語のサポートを整え、そうした人たちにも積極敵にアプローチしていきましょう。

越境ECが捗る

越境ECは、大きなビジネスチャンスにつながるものです。しかし、ベトナム語翻訳ができていないと、ベトナムへのアピールが弱くなってしまいます。越境ECを検討しているなら、翻訳をうまく利用していきましょう。

事前の準備に

越境ECでは、事前に市場調査を行うこともあります。そこで重要になってくるのは、ここまで説明してきたような日本語のベトナム語訳ではなく、ベトナム語の日本語訳です。

事前の準備として、現地の情報をたくさん集めておくためには、そうした逆のパターンも必要になってきます。翻訳をビジネスに利用するなら、この点もしっかりチェックしておきましょう。

わかりやすいサイト作り

越境ECで使うオンラインショッピングサイトは、きちんと日本語からベトナム語に訳しておいてください。しかも、できるだけ正確な訳になっていることが大切です。わかりやすい文章でないと、利用しやすいサイトにはならないので、注意して準備を整えましょう。

スムーズな運営

越境ECでは、法律やカスタマーサポートなど、いろいろな場面で翻訳が役立つものです。言葉の壁でいちいち足止めをくらっていたのでは、スムーズな運営ができません。余計なデメリットの発生を防ぎ、越境ECを成功させるためにも、翻訳についての知識をしっかり仕入れておいてください。

まとめ

日本語からベトナム語への翻訳は、ビジネスチャンスをつかむための重要な要素です。ただし、ここで紹介したように、難しい面があることも忘れないようにしましょう。

うまく翻訳していかないと、役に立つ文章にはなりません。会話の機会が多いなら、発音にも注意が必要です。そうした翻訳のポイントを把握してれば、ビジネスに利用したときの失敗を防ぐことができます。

ベトナム企業や店舗などをご案内いたします。

ベトナムでビジネス展開を考えている方は年々増えてきています。

企業からの駐在も多いのですが、飲食業やIT業も含めどんどん出てきています。

私自身も2018年の8月に初めてベトナムを訪問し、ホーチミンの熱量にやられてしまった一人です。(もちろんいい意味で。)

このたび、ベトナムの方々とのふれあいなどを一年間してきた中で培った人脈などをとおして、今後ベトナムに進出を考えている方のサポートをすることとなりました。

まずは、何をしたいか?どのようなものを見てみたいか?

そういったことをお伝え下さい。

その上で最適なご提案をさせていただきます。

ご興味のある方はぜひ、こちらよりお問い合わせください。

ベトナム語が短期でみるみる上達!?
会話力を身に付けたい方へ