ベトナムは隠れたビーチリゾート天国!ベトナムでおすすめのビーチリゾート6選!

のべ171がこの記事を参考にしています!

ベトナムと聞いてビーチリゾートを思い浮かべる人は少ないかもしれません。でもベトナムは西側から南部にかけて海に囲まれた国。古くからビーチリゾートがたくさん存在しています。

ベトナム通の人なら誰でも知っているお馴染みのビーチリゾートから、最近注目の隠れた穴場ビーチリゾートのスポットまでベトナムのビーチリゾートを一挙ご紹介していきます。

知る人ぞ知る!ベトナムはビーチリゾート天国!

ベトナム人は実はビーチリゾートが大好き。というのも実はベトナムは海に恵まれた国であり、歴史的背景からかつてのフランス統治時代などにできたビーチリゾートなどもいくつかあるからです。

また、他の国に比べてベトナムにビーチリゾートがあるという認識が高くないので、まだまだ手付かずの綺麗な海が残っています。

ベトナムに来るのであればぜひ活気ある街と美しいビーチリゾートの両方を味わってみましょう。

ベトナムの中南部にはビーチリゾートが目白押し

ベトナムのビーチリゾートは主にベトナムの東部の中南部沿岸沿いに点在しており、各主要都市から飛行機や車、バスなどで行くことができます。それぞれの地域の代表的なビーチリゾートをご紹介します。

中部のビーチリゾートとは?

ベトナムの中部リゾートはこちらです。

  • ダナン
  • ホイアン

ダナンとホイアンは車で30分程なので、一緒に訪れることができます。また最近日本からダナンへの直行便もできて、ますます便利になりました。

南部のビーチリゾートとは?

ベトナムで一番ビーチリゾートが多いのは南部です。南部のビーチリゾートはこちらです。

  • ニャチャン
  • クイニョン
  • ブンタウ
  • ムイネー
  • フーコック島
  • コンダオ島

ベトナム南部はまさにビーチリゾート天国。ベトナム人に昔からお馴染みのニャチャンやブンタウのほか、最近話題のフーコック島までホーチミンを拠点に知る人ぞ知るビーチリゾートが選びたい放題です。

北部にはビーチリゾートが無い?

あまり話題にはあがりませんが、ベトナムの北部にも実はビーチリゾートはあります!ベトナム人が昔からこよなく愛する北部のビーチリゾートはこちらです。

  • サムソン

ハノイから車で3時間ほどの場所にあるサムソンビーチは、ベトナム人にとって古くから定番のビーチリゾートです。

ただし海がすごく綺麗だったり高級リゾートホテルが立ち並んでいるというわけではなく、日本でいうところの熱海のようなちょっと昔懐かしい海水浴場といった感じです。

ベトナム初心者でも安心。ダナン&ホイアンのビーチリゾート

ここからはたくさんあるベトナムのビーチリゾートから、おすすめのビーチリゾート6選をより詳しくご紹介していきます。

まずはダナン&ホイアンのビーチリゾートをご紹介していきます。ベトナムの中部に位置するダナンは日本からの直行便で6時間ほど。ハノイ、ホーチミンからは1時間20分ほどで行くことができる便利で手軽なビーチリゾートです。昔のベトナムのを再現した美しい街並みと綺麗なビーチリゾートを一気に楽しむことができ、ベトナム初心者にもおすすめです。

ダナンビーチの特徴

ダナンは海岸沿いに北からホイアン方面に向けてファムヴァンドンビーチ、ミーケビーチ、バクミーアンビーチ、ノンヌックビーチと4つのビーチが続いています。この海岸沿いに世界的なリゾートホテルが立ち並んでおり、ラグジュアリーな雰囲気の中プライベートビーチで静かにゆっくり海水浴などを楽しむことができます。

ちなみにダナンの雨季は9月〜12月でとくに10月、11月は台風が来ることもあり訪れるのには向いていないので避けましょう。

美しいホイアン旧市街も近い

ダナンとホイアンは隣り合った街で、車やバスで30分ほどで行き来することができます。ホイアンのビーチはダナンに比べて小規模ですが人も多くなくゆっくり海水浴を楽しむことができるでしょう。

しかしホイアンのおすすめは、その街並みが世界遺産にも指定されている旧市街です。ベトナムの古き良き街並みを再現しながら、おしゃれなカフェやレストランなども所狭しと並んでいます。夜はランタンが灯されさらに見応えのある美しい風景が広がり、観光客に人気のスポットです。

おすすめフードなど

ダナン、ホイアンの代表的な名物フードはこちらです。ダナン、ホイアンともにコムガーをはじめ日本人にも食べやすくて美味しい名物料理が目白押しなので、食べ歩きもおすすめです。

  • コムガー:ベトナム風チキンライス
  • ホワイトローズ:米粉でエビのすり身などを包み込んだ蒸しワンタン。名前は見た目が白い薔薇に似ていることから
  • 揚げワンタン:揚げたワンタンに豚肉やエビ、野菜をトッピングして食べる
  • カオラウ:日本のうどんにも似た太麺を、甘辛いタレにつけて野菜と一緒に食べる

美しさと気候はまるでベトナムのハワイ?フーコックビーチリゾート

フーコックはベトナム南部からさらに西に位置する島で、お隣の国カンボジアの真下にあります。日本からの直行便はありませんが、ハノイから飛行機で2時間、ホーチミンからは1時間ほどのアクセスです。

フーコックビーチの特徴

フーコックは少しずつ知名度が上がってきていますが、まだまだ穴場のビーチリゾートです。ベトナムで一番美しい海と言われており、エメラルドグリーンに透き通ったビーチがなんと20kmも続いています。まだ観光客も少なく、多くの自然が残っているところも特徴です。

フーコックに行ったらベトナム随一の海越しで見られるサンセットを見ることをおすすめします。

11月〜4月がベストシーズンで、年末のフーコックはハワイさながらの気候です。

おすすめフードなど

フーコックでは南部ではフォーよりも馴染みのある米粉の細麺や、島ならではの海鮮料理がおすすめです。

  • ブンクアイ:米の細麺ブンが魚とエビのつみれ汁につかった汁麺
  • ナイトマーケットの海鮮料理

ベトナム定番のビーチリゾートと言えばニャチャン!

ニャチャンはベトナムの中南部に位置し、日本からの直行便はありませんがハノイから飛行機で2時間、ホーチミンからは1時間ほどのアクセスです。

今はダナンやフーコックなど様々なビーチリゾートが開発されているベトナムですが、かつてのベトナム人や外国人にとってのベトナムのビーチリゾートといえば、ニャチャンが代名詞でした。

ニャチャンビーチリゾートの特徴

もともと漁港として栄えてきた街ですが、フランス統治時代には要人のリゾート地として利用されていたこともありその雰囲気を今もなお残しています。

6kmに渡り白砂のビーチが続き、美しい海でジェットスキーやシュノーケリング、ダイビングなどのアクティビティも楽しむことができます。

ニャチャンには昔ながらの街並みが残っていたり、アミューズメントパークがあったりとビーチ以外にも楽しめるスポットがたくさんあることも特徴です。

おすすめフードなど

ビーチリゾートらしく海産物を使った名物料理が豊富です。中南部ではフォーよりもブンという米粉の細麺がメジャーです。

  • バインカン:主に露天で売られているたこ焼き器のようなもので米粉を半円で焼いたもの。エビやイカなどの魚介類を乗せたり、そのままでタレにつけて食べる
  • チャーカー:魚のすり身をあげたさつま揚げのようなもの
  • ブンカー(チャーカー)、ブンスオン:米粉の細麺の汁麺。チャーカーが具のものはブンカー(ブンチャーカー)、くらげが具のものはブンスオン
  • ネムヌオン:豚肉のすり身を竹串に巻いて焼いたものを、ブンや野菜などと一緒にライスペーパーで巻いて食べる

知る人ぞ知る隠れ家的ベトナムのビーチリゾート

ベトナムのいちおしの代表的なビーチリゾートをご紹介してきました。ここからはより穴場の、知る人ぞ知る隠れ家的ベトナムのビーチリゾートをご紹介していきます。

ベトナムに何度も行く機会がある人や、長期滞在の人はぜひ試してみてくださいね。

コンダオ島

フーコックと同じくベトナムの離島であるコンダオ島はベトナムの南東部にある島で、ホーチミンからプロペラ機で45分、もしくはブンタウから船で12時間のアクセスです。

フーコックよりもさらに知名度が低く、ビーチリゾートとしての開発が遅れているため、美しい海と手付かずの自然が残っているベトナム最後の楽園と呼ばれている場所です。

実はコンダオ島はかつては犯罪者の流刑地として使われていました。収容所の跡地をまわるツアーや、歴史を紹介する博物館もの見ものです。

知る人ぞ知る秘境のビーチリゾートとしてブンタオ島では、海亀の産卵が見られたりジュゴンが生息していたり、海と森両方の美しい自然が多く残っています。

クイニョン

クイニョンはニャチャンの北部に位置し、ニャチャンに継ぐビーチスポットとしてベトナム人に注目されているビーチリゾートです。

ハノイやホーチミンから飛行機で1時間20分、ダナンからは車で1時間ほどのアクセスです。ビーチリゾートとしてニャチャンほど知名度がまだ高くないため人も少なく、綺麗な海とのどかな田園風景が広がるおすすめの場所です。

透明度が高くシュノーケリングが楽しめるホンコー島へのツアーもぜひトライしてみましょう。

クイニョンはビーチだけでなく、ビンディン遺跡群というお隣りカンボジアの文化も感じられる遺跡が点在しているため、観光も楽しめます。

ムイネー

ムイネーはニャチャンとブンタウのちょうど真ん中あたりに位置するビーチリゾートで、ホーチミンからバスや車で5時間ほどのアクセスです。元々ホーチミンに住んでいるベトナム人のビーチとしてお馴染みでしたが、ロシア人に注目されたことによって世界中の人々も訪れるようになったと言われています。

ラグジュアリーなリゾートホテルが立ち並ぶ他のビーチリゾートととは異なり、昔ながらのほのぼのとした海岸が広がっています。しかし実はサーフィンをする人にとっては有名なスポットとなっているようです。

ビーチの他ムイネーにはベトナムでは珍しい砂丘もあり、美しい風景が広がっています。

ブンタウ

ブンタウもラグジュアリーなビーチリゾートというよりも、ベトナム人に古くから愛されている海水浴場といったイメージです。ホーチミンからバスで2時間ほどもしくはメコン川も通るスピードボートで行く旅もおすすめです。ボートだと2時間45分ほどかかります。

ビーチで楽しむ他、丘の上の教会などいくつか観光スポットがあります。そしてブンタウのおすすめはなんといっても新鮮な海産物です。ナイトマーケットでは採れたての海産物が目白押しです。また南部のベトナム料理屋さんも充実していて、観光客を飽きさせません。

まとめ

ベトナムでおすすめのビーチリゾートをご紹介しました。ベトナムにこんなにも多種多様なビーチリゾートがあることに驚かれたかもしれません。ベトナムの都市ハノイやホーチミンで東南アジア独特の活気と喧騒を味わったら、ぜひビーチリゾートへも足を伸ばしてみてください。

ベトナムのビーチリゾートは場所によって様々な表情があります。どのような雰囲気で何を楽しみたいかによって、オリジナルのプランを組み立ててみましょう!

ベトナム企業や店舗などをご案内いたします。

ベトナムでビジネス展開を考えている方は年々増えてきています。

企業からの駐在も多いのですが、飲食業やIT業も含めどんどん出てきています。

私自身も2018年の8月に初めてベトナムを訪問し、ホーチミンの熱量にやられてしまった一人です。(もちろんいい意味で。)

このたび、ベトナムの方々とのふれあいなどを一年間してきた中で培った人脈などをとおして、今後ベトナムに進出を考えている方のサポートをすることとなりました。

まずは、何をしたいか?どのようなものを見てみたいか?

そういったことをお伝え下さい。

その上で最適なご提案をさせていただきます。

ご興味のある方はぜひ、こちらよりお問い合わせください。

ベトナム語が短期でみるみる上達!?
会話力を身に付けたい方へ